@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビリジアン

色名がわかる辞典

ビリジアン【viridian】
色名の一つ。ビリジャン、ヴィリディアンとも表記する。JISの色彩規格では「くすんだみの」としている。一般に、水酸化クロムを主原料とする顔料のような、やや青みがかった緑をさす。この顔料は1859年にフランスで発見され、主に絵の具や塗料などに用いられている。ビリジアンはラテン語で緑の成長を意味する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びりじあん【ビリジアン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ビリジアン【viridian】
酸化クロムを主成分とした青緑色の顔料。また、その色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビリジアン
びりじあん
viridian
1859年フランスのギネーGuignetによりつくられた緑色顔料。ギネーグリンともいう。重クロム酸カリウムK2Cr2O7あるいは重クロム酸アンモニウム(NH4)2Cr2O7に、ホウ酸H3BO3を重量比で4倍以上配合し、600~750℃で焼成、溶融物を熱湯で洗浄後、乾燥して得られる。組成はまだ確定されていないが、クロムの価数は三価で、H2OかOHのいずれかの形で水が含まれている。加熱すると約300℃以上で、脱水により黒みを帯びるようになり、酸化クロム()を生成する。油絵の具、水彩絵の具には欠かせない顔料の一つで、ほかにペイント、エナメル、ラッカー、プラスチックの着色剤としても用いられる。[大塚 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビリジアン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビリジアンの関連情報

他サービスで検索

「ビリジアン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation