@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビルイェル【びるいぇる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビルイェル
びるいぇる
Birger Magnusson Jarl
(?―1266)
スウェーデンの領主。ビルイェル・ヤールともいう。1238年に国王エーリク11世の妹インゲボルィと結婚。40年将軍としてフィンランドに遠征、さらにロシアに侵入したが、ネバ川の戦いで敗れて退いた。48年ヤール(国王の下で軍事・政治の執行にあたる高職)に就任し、国王にかわって実権を握り、大領主層と対立した。49年ふたたびフィンランドに遠征した。50年にエーリク11世が死去したため、息子バルデマールを王位につけ(在位1250~75、フォルクング王朝)、ビルイェルは国王の父として権力の座にとどまった。51年、大領主層の反抗を徹底的に鎮圧した。53~55年ころ、現ストックホルム市の位置に城塞(じょうさい)を築き、同市の基礎をつくった。対外的には婚姻政策によってデンマーク、ノルウェーとの結び付きを強化し、リューベックと結び、ハンザ同盟との提携に努めた。[本間晴樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビルイェル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビルイェルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation