@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビレンドラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ビレンドラ
Birendra Bir Bikram Shah Deva
[生]1945.12.28. カトマンズ
[没]2001.6.1. カトマンズ
ネパール国王 (在位 1972~2001) 。マヘンドラ国王の第1皇子。 1959年イギリスのイートン校で学び,卒業後ソ連その他の諸国を訪問。 66年中国を訪問,毛沢東と会見した。 67年東京大学,68年ハーバード大学に留学し,近代工業国家の建設について研究。 72年1月 31日父王の死去で第 10代国王として即位。 73年9月アルジェの非同盟諸国首脳会議出席,非同盟外交を推進し,国内の経済開発にも力を注いだ。 75年2月戴冠式後のレセプションで,ネパールを「平和地域」として認めるよう各国に呼びかけた。 2001年長男の皇太子によって暗殺されたとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びれんどら【ビレンドラ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビレンドラ
びれんどら
Birendra Bir Bikram Shah Dev
(1945―2001)
ネパール国王(在位1972~2001)。インド、イギリス、日本、アメリカに留学。1972年1月父の国王マヘンドラMahendra Bir Bikram Shah Dev(1920―1972)死去とともに即位。漸進的改革を目ざし、同年国家開発会議を設立、自ら議長となるが、民主主義を求める国内の政治状況は厳しく、1974年には国王暗殺未遂事件が起きた。1975年に改定した憲法にかえて1980年に新憲法を発布し、国会議員の直接選挙など王権の若干の縮小を実施。外交では前王以来の非同盟政策を維持するが隣の大国、中国、インドとの友好を強調。1985年以来のネパール平和地帯宣言を外交の基本とした。1985年12月に発足した南アジア地域協力連合(SAARC)にも加盟。1980年代末から始まる民主化運動の結果、1990年に新憲法が制定された。同憲法のもとで国王の権限は大幅に削減され、それ以降は政治の前面に出ることはあまりなくなった。2001年6月、宮殿内の夕食の席上で、皇太子ディペンドラDipendra Bir Bikram Shah Dev(1971―2001)による発砲と思われる銃撃事件のため死亡。この事件の真相はいまなお不明である。[内藤雅雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビレンドラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビレンドラの関連情報

関連キーワード

原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーンインドネシア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation