@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ビーナス・エクスプレス【びーなすえくすぷれす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ビーナス・エクスプレス
びーなすえくすぷれす
Venus Express
金星を詳細に観測することを目的とする探査機。ESA(イーサ)(ヨーロッパ宇宙機関)としては初めての金星探査機で、2005年11月にロシアのソユーズロケットで打ち上げられ、2006年4月に金星の周回軌道に投入された。金星の大気化学の調査を主目的とし、ほかに金星の自転、磁場なども調査する。そのため、高解像度赤外フーリエスペクトロメーター、紫外‐赤外スペクトロメーター、紫外‐可視光‐近赤外スペクトロメーターなどの機器で金星大気を詳細に分析していたが、2014年12月、観測運用を停止した。大きさは1.5×1.8×1.4メートル、打上げ時の重量は1270キログラム。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

ビーナス・エクスプレス
ヨーロッパ宇宙機関(ESA)による金星観測を目的とした探査機の名称。大きさは1.5×1.8×1.4メートル、打ち上げ時の重量は1270キログラム。米国、旧ソ連(ロシア)に次ぐESA初の金星探査機で、2005年11月、ロシアのソユーズロケットに搭載されカザフスタン共和国のバイコヌール基地から打ち上げられた。06年4月、金星の周回軌道に投入され、金星の大気調査を主任務として8年間にわたり調査を続けた。当初予定のミッションは完了し、以降、延長ミッションに入っていたが、燃料が残り少なく器機も劣化していることが伝えられていた。14年12月5日、ESAはビーナスエクスプレスと通信ができなくなったことを発表した。
(2014-12-9)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビーナス・エクスプレス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ビーナス・エクスプレスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation