@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピアジェ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピアジェ
Piaget, Jean
[生]1896.8.9. ヌーシャテル
[没]1980.9.16. ジュネーブ
スイスの児童心理学者。ヌーシャテル大学で生物学を専攻,1921年 J.-J.ルソー研究所主任,29年以来ジュネーブ大学教授,その間ヌーシャテル,ローザンヌ,パリの各大学教授をも兼任。初期には子供自身の言語反応を通じて (臨床法) ,その言語,思考,判断,因果関係,世界観などについて詳細な研究を行い,30年代後半から子供の遊び,夢,模倣,実在性の構成などの研究を通じて知能の発達の基本的概念を明らかにし,さらに発生的立場からの認識論構造論などの体系化を試みた。ジュネーブに発生的認識論研究センターを設立。主著『子供の言語と思考』 Le Langage et la pensée chez l'enfant (1923) ,『子供の知能の発生』 La Naissance de l'intelligence chez l'enfant (33) ,『発生的認識論序説』L'Introduction à l'épistémologie génétique (3巻,49~50) ,『発生的認識論』L'Épistémologie génétique (70) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ピアジェ(Jean Piaget)
[1896~1980]スイスの心理学者。自己中心性など子供の思考の特質を研究、次いで乳児期からの知能や思考の発達過程分析。のち、発生的認識論を構築。新教育運動に寄与児童の言語と思考」「発生的認識論序説」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピアジェ【Jean Piaget】
1896‐1980
スイスの心理学者。ジュネーブ大学教授。最初,ヌシャテル大学で軟体動物学を専攻したが,その後,子どもの認知発達の研究に関心が向かって,1921年以来ジュネーブのルソー研究所でこの分野の研究に没頭し,独自の理論を構築した。彼の生涯は研究によって三つの時期に分けられる。前期(1920年代)の研究は,子どもの言語,判断と推理,世界観,因果関係,道徳判断などを対象とした研究業績で代表される。これらの研究の糸口となったのは,子どもの思考特有の自己中心性の概念であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ピアジェ【Jean Piaget】
1896~1980 スイスの心理学者。実験的臨床法により児童の知能や思考の発達過程を研究、知的操作の構造を明らかにした。著「発生的認識論序説」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピアジェ
ぴあじぇ
Jean Piaget
(1896―1980)
スイスの心理学者。ジュネーブ大学教授。ヌーシャテルに生まれる。ヌーシャテル大学で動物学を専攻したが、その後、子供の認知発達の分野に関心を向け、1921年以来ジュネーブのルソー研究所でこの分野の研究に没頭した。その研究歴は次の三つの時期に分けられる。[滝沢武久]

前期

子供の言語、判断と推理、世界観、因果関係、道徳判断などにおける子供の思考特有の自己中心性の研究にあてられた。幼児は社会性を欠くため、自分の考えを相手に伝達する意図のない自己中心語が多い。また、他人の観点にたつことができないため、思考も自己中心的になりやすい。アニミズムなどの幼児独得の世界観は、この自己中心性に基づいていると主張して、注目を浴びた。[滝沢武久]

中期

中期の研究は、乳児期の知能の起源の探究ならびに幼児・児童の基本的概念の形成の分析に向けられている。乳児の知能は、感覚運動的活動によって示されるが、生後2歳ごろまでに、この感覚運動的知能に論理構造が付与されていくし、物体の永続性の考えも身についてくる。そして、感覚運動的知能の内面化が進行していくことにより、イメージが出現し、表象的思考の段階に入っていく。この過程を、自分の3人の愛児たちの行動について、実験的に設定した場面のなかで組織的に観察することによって確証した。
 また、幼児における数、量、時間、空間、速さ、偶然性などの基本的概念は、未分化で萌芽(ほうが)的なものにすぎない。これらが論理的に操作されるに至る発達の筋道を解明することも、この時期の彼の関心事であり、この研究を通して表象的思考期から操作的思考期への発達過程が分析された。操作的思考は6、7歳ごろ出現する。しかし、11、12歳ごろまでは具体物について論理的に推論することしかできないので、これを具体的操作とよび、命題だけで推論できる形式的操作と区別している。思考の発達を均衡化の過程としてとらえているが、この形式的操作はもっとも安定した均衡状態の思考とみなされる。そして、操作的思考構造を論理数学のモデルを用いて説明することによって、思考の発達のメカニズムを理論化しようと試みた。[滝沢武久]

後期

後期の研究は、主として発生的認識論の構築へと向かっていく。発生的認識論とは、科学的認識が発生し形成されていく過程を、個体発生および系統発生の両面から実証的に研究する科学である。この研究の集大成が、全3巻にわたる大著『発生的認識論序説』(1950)であった。しかし現代科学の認識の問題に取り組むためには、科学者たちとの学際的な共同作業を必要とすることを悟り、1956年ジュネーブ大学内に国際発生的認識論センターを創設し、各国から招いた科学者たちとチームワークを組んで、後半生の全精力をこの新分野の開拓に注いだ。これらの研究は、現代の心理学や教育学ばかりでなく、思想界全体に大きな影響を及ぼした。[滝沢武久]
『芳賀純訳『発生的認識論――科学的知識の発達心理学』(1972・評論社/滝沢武久訳・白水社・文庫クセジュ) ▽ボーデン著、波多野完治訳『ピアジェ』(1980・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピアジェ
(Jean Piaget ジャン━) スイスの心理学者。ジュネーブ大学教授。臨床的な研究方法で、子どもの認知力の発達の過程を明らかにし、「自己中心性」の概念を提唱した。特に、論理的、科学的思考の形成の各段階の研究をとおして、認識論上の諸問題を追究した。主著「知能の心理学」「発生的認識論序説」。(一八九六‐一九八〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピアジェ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピアジェの関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation