@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピアース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピアース
Pearse, Patrick Henry
[生]1879.11.10. ダブリン
[没]1916.5.3. ダブリン
アイルランドの独立を目指すアイルランド共和国同盟 IRBの民族主義者。詩人。反イギリス,独立のための武装蜂起の革命軍総司令官として,1916年4月 24日の復活祭蜂起を指導し,独立を宣言。1週間にわたって,ダブリンは市街戦のため麻痺状態に陥ったが,イギリス軍の猛攻によって鎮圧され,処刑された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピアース
Pierce, John Robinson
[生]1910.3.27. デモイン
[没]2002.4.2. カリフォルニア
アメリカの工学者,情報通信科学者。通信衛星の父。 1936年ベル電話研究所に入社。電子工学研究部長などを歴任。 1971年カリフォルニア工科大学教授,1979年ジェット推進研究所技術主任。第2次世界大戦中,いまではレーダ受信器として広く使われている低電圧の発信器を開発。戦後,通信衛星開発のための理論的研究に取り組み,衛星通信技術の必要性を説いた多数の論文を発表した。 1960年8月打ち上げの衛星にラジオ波反射機を積載するようアメリカ航空宇宙局を説得地球の二基地間の通信実験を成功に導き,最初の民間衛星テルスターの開発にも大きな刺激を与えた。 1985年日本国際賞受賞

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ピアース(Franklin Pierce)
[1804~1869]米国の政治家。第14代大統領。在任1853~1857。民主党。上下両院の議員を歴任した後、大統領に就任。国内の南北融和に意欲的に取り組んだ。→ブキャナン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピアース【Franklin Pierce】
1804‐69
アメリカ合衆国第14代大統領。在職1853‐57年。1833年から42年までニューハンプシャー州出身議員として連邦上下両院で活躍し,52年民主党の南部派に支持されて大統領に当選した。国内の南北宥和と対外拡張に意欲を示したが,54年のカンザス・ネブラスカ法成立後,カンザスにおける奴隷制導入の是非をめぐる衝突を収拾できず,次の民主党大会では大統領候補の指名を獲得することができなかった。【安武 秀岳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

ピアース
生年月日:1872年1月11日
アメリカの電気学者
1956年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピアース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピアースの関連情報

関連キーワード

ボアボードランおもなお雇い外国人沼間守一ヒューズ琉球琉球処分セベーリドンケル=クルティウスルノンドーライシャワー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation