@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピグマリオン効果

デジタル大辞泉

ピグマリオン‐こうか〔‐カウクワ〕【ピグマリオン効果】
他人から期待されることによって学習・作業などの成果が上がる現象。米国の心理学者ローゼンタールが、教師からの期待の有無が生徒の学習成績を左右するという実験結果をもとに報告。名称はギリシャ神話のピグマリオンにちなむ。ローゼンタール効果。教師期待効果。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

ピグマリオン効果
・人間は期待された通りに成果を出す傾向があることを指す。別名、教師期待効果(きょうしきたいこうか)、ローゼンタール効果と呼ばれる。
・教育心理学における心理的行動の1つで、1964年にアメリカ合衆国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールがネズミを用いた実験で、「このネズミは
利口なネズミの系統」と学生に伝えたネズミと、「このネズミは動きが鈍いネズミの系統」と学生に伝えたネズミとの間で、迷路による実験結果の差を調べたところ、「利口な
ネズミ」と伝えられていたネズミのほうが結果が良かったという実験結果が得られた。この結果から、教師の生徒に対する期待や態度が、生徒たちの知能や学習の意欲に大いなる影響を与えるということが発見され、ギリシャ神話に因んでピグマリオン効果と名付けられた。

<名前の由来>
・昔、ギリシャのキプロス島に、ピグマリオンという名前の彫刻の上手な王様がいた。ある日、自分自身が象牙に刻んだ理想的な女性の彫刻像に、恋をしてしまった。この彫刻像を、生きた女性に変え、妻にしたいと熱烈に祈っているうちに、愛と美の女神アフロディーテがこの願いを聞き入れて、その彫刻に生命を与え人間にしたとい
う逸話。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

ナビゲート ビジネス基本用語集

ピグマリオン効果
指導者が学習者に対して期待を持って接することによって、学習者も期待に応えようとして成績があがる現象をいう。 この象徴的な例として、アメリカの教育心理学者ローゼンタールらが行った実験がある。 それは、小学生に知能テストをさせた後、その結果とは関係なくランダムに「将来伸びるであろう生徒の名前」を教師に告げたところ、1年後に、その生徒達の成績が明らかに伸びていた、というもの。 ちなみにピグマリオンとは、ギリシャ神話に登場する彫刻家の名前。彼は自分が彫った彫像に恋をし、ついには神がその彫像に命を吹き込むという話が由来になっている。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピグマリオン効果
ぴぐまりおんこうか
pygmalion effect
期待することによって、対象者からやる気が引き出され、成績が向上する現象をさす心理学用語。キプロスの王ピグマリオンが自分で彫った象牙(ぞうげ)の乙女像を愛し続けた結果、乙女像が本物の人間になったというギリシア神話にちなんでこうよばれる。「教師期待効果」あるいは「ローゼンタール効果」ともいわれる。逆に、周りから期待されていない対象者の成績や成果が、平均値を下回る現象を「負のピグマリオン効果」「ゴーレム効果」とよぶ。
 ドイツ生まれでアメリカの教育心理学者ローゼンタールRobert Rosenthal(1933― )が1963年から1964年の一連の実験で、実際には無作為に抽出しながら、「将来、成績が伸びる子供」などと偽った情報を教師にあたる実験者に与えると、その無作為に抽出された初等教育段階の子供の成績が平均以上になる現象を報告した。この効果は、担任教師が子供に期待をかけてていねいに扱い、子供たちも期待されていることを意識するため、平均以上の成果が確認できると説明されている。他方、ピグマリオン効果は実際には確認できておらず再現性もないとして、教師や指導者の心構え程度の概念と考えるべきだとの意見がある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最新 心理学事典

ピグマリオンこうか
ピグマリオン効果
Pygmalion effect
教師が,児童・生徒の学業成績の達成についてある期待を抱き,その期待が実現するように行動することによって,実際に子どもの学業成績に向上が見られる現象をいう。自分が彫った彫刻に対して,強い愛情を込めた結果,その彫刻に生命が宿ったというギリシア神話の主人公ピグマリオンにちなんでローゼンソールRothenthal,R.によって名づけられた。

 教師が自分の児童・生徒の現在の学力と将来の学力について行なう推論を教師期待とよぶ。そしてこのような教師期待が現実の児童・生徒の学業成績の伸びに影響をもたらすことを教師期待効果teacher expectancy effectという。このような教師期待効果が生み出されるプロセスについても検討されている(浜名外喜男,1988)。まず,教師は自らが抱いた期待に沿って児童・生徒に異なる行動(差別的行動)を取る。たとえば教師がある児童・生徒の学業成績は今後顕著に伸びるであろうという高い期待を抱けば,彼らに対してその期待に相応した行動(ほかの児童・生徒に比べて,①正答に対する賞賛が多い,②正答に至るまでのヒントを多く与える,③視線やほほえみを多く与えるなど)を取る(Brophy,J.E.,& Good,T.L.,1974)。次に,その児童・生徒はこのような教師の行動に内包された期待を推測・受容する。そして,児童・生徒が認知した教師期待は学習意欲や学業成績に反映する。また,このような教師期待形成の規定因については,①身体的魅力,②児童・生徒の素行,③事前に知らされた児童・生徒の情報,④人種,⑤社会階級などが挙げられている。

 一方,否定的な教師期待もある。すなわち,児童・生徒の学力に対する教師の低い期待が,結果的に学力を低いレベルに変化させてしまう。否定的な教師期待効果は,ゴーレム効果Golem effectとよばれる。とりわけ,児童・生徒の人種や社会階級など,ステレオタイプ的な期待形成をもたらす情報の影響を受けやすい教師には,ゴーレム効果がより生じやすい。このような教師は,そうでない者に比べて自分を理想的な人間であるように見せかける傾向があり,児童・生徒に対してもより独裁的・衝動的・差別的な態度で接するから,その先入観は,児童・生徒の評価に影響をもたらす可能性がある。

 ピグマリオン効果やゴーレム効果はハロー効果とも関連している。ハロー効果halo effectとは,人を評価する際に,特定のある望ましい(または望ましくない)特性をもっていると,確証もなしに評価対象者の他の諸側面までを望ましい(または望ましくない)とみなす傾向である。たとえば教育場面において,教師は知能の高い生徒を,よく努力し,社交的であり,活動的であるなど学力とはあまり関連のない特性で肯定的に評価する傾向にあることがわかっている(Brophy & Good,1974)。このように,ハロー効果は一種の先入観といえる。したがって,ハロー効果がゴーレム効果を増幅させないように留意する必要がある。 →教育評価
〔淵上 克義〕

出典:最新 心理学事典
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピグマリオン効果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピグマリオン効果の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation