@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピケット

デジタル大辞泉

ピケット(picket)
労働争議の際、労働組合員が事業所・工場の入り口などを固めて、スト破りを見張ること。また、その見張り人。ピケ。「ピケットを張る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ピケット【picket】
労働争議の際、スト破りを防ぐために、労働者側が事業所の入り口などに見張りを立てること。また、その見張り人。ピケッティング。ピケ。 -をはる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピケット
Pickett, George Edward
[生]1825.1.25. バージニアリッチモンド
[没]1875.7.30. バージニア,ノーフォーク
アメリカ合衆国の南北戦争における南軍の軍人ゲティズバーグの戦いで「ピケットの突撃」を行なったことで知られる。 1846年にウェストポイント陸軍士官学校をクラス最下位の成績で卒業,アメリカ=メキシコ戦争 (1846~48) に従軍し手柄を立てた。 1861年6月,将校を辞職して南軍に参加。 1862年2月に准将となり,10月には少将に昇進してバージニア師団の指揮官に任命された。ゲティズバーグの戦いで攻撃の山場となった 1863年7月3日の「ピケットの突撃」では,ピケットの師団のうち3個旅団 4300人が,戦力の半分弱を構成した。実際にはジェームズ・ロングストリート将軍の指揮下で行なわれたこの攻撃は,甚大な損害を出した末に撃退され,戦争の転換点になったといわれている。ピケットは臆病者として大きな批判にさらされたが,ロバート・E.リー将軍は 1864年のバージニア作戦の間,ピケットを師団長の地位にとどめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピケット
争議権」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピケット
ぴけっと
Wilson Pickett
(1941―2006)
アメリカのソウル・ミュージック・シンガー。情熱的な歌声で1960年代から1970年代初頭にかけて高い人気を得た。「ダンス天国」「ムスタング・サリー」などは、当時の日本でもヒットした。生まれは南部のアラバマ州プラットビルで、16歳のときにデトロイトへ転居した。
 1950年代末にはプロとして歌いはじめ、1961~1963年、地元のソウル・グループ、ファルコンズに在籍した。このときリード・ボーカリストとして歌った「アイ・ファウンド・ラブ」(1962)が初期の代表曲である。ゴスペル・ソングをそのままラブ・ソングに移し替えたようなこの曲は、ソウル・ミュージック時代の幕開けを告げる1曲だといわれている。ファルコンズは、初期のソウル・ミュージックを飾る重要なグループの一つで、のちに「ノック・オン・ウッド」(1966)をヒットさせるエディ・フロイドEddie Floyd(1937― )が創設メンバーの一人だった。ファルコンズはピケットの脱退により解散してしまうが、フロイドとピケットはその後ソロ・アーティストとして、同じ南部系サウンドで人気を競うことになった。
 1960年代のソウル・ミュージックは、南部の地方都市に拠点を置くレコード会社やスタジオを誕生させたことも特徴の一つだった。テネシー州メンフィスのスタックス・スタジオやアラバマ州西端の町マッスル・ショールズにあるフェイム・スタジオがそれである。どちらも優秀なバンドマンやプロデューサーらを集め、独自のサウンドを誇っていた。ニューヨークをベースとするアトランティック・レコードが、契約を結んだピケットをスタックスへ送りこんだのも、エネルギッシュな彼のボーカルにふさわしいサウンドを求めてのことだった。メンフィスにおけるピケットのバックは、スタックスのハウス・バンド、ブッカー・T&ザ・MGズのメンバーたちであり、作曲家陣にはフロイドの名前もあった。こうして生まれたのが「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」をはじめとする、熱気に満ちたピケットらしいナンバーだった。
 その後、フェイム・スタジオにおいてボビー・ウーマックや、のちにオールマン・ブラザーズ・バンドを結成するデュアン・オールマンDuane Allman(1946―1971)らともみごとなセッションを行った。そのなかには「ムスタング・サリー」「ファンキー・ブロードウェー」といった名唱、ビートルズの「ヘイ・ジュード」をドラマティックにカバーしたポップ・ヒットもある。1970年、ピケットはフィラデルフィアのシグマ・サウンド・スタジオで『イン・フィラデルフィア』を録音。「ゲット・ミー・バック・オン・タイム、エンジン・ナンバー・ナイン」などのヒットをつくっているが、徐々に以前の勢いを失っていった。
 1991年、「ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム」(ロックの殿堂)の仲間入りを果たした。[藤田 正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピケット
〘名〙 (picket) 労働争議の際、労働組合員が会社・事業所などの出入口に立番し、スト破りが出ないように見張ること。また、見張る人。ピケとも。〔アルス新語辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピケット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピケットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation