@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピサーノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピサーノ
Pisano, Niccoló
[生]1220頃,アプーリア
[没]1278/84,ピサ
13世紀にイタリアのピサを中心に活動した彫刻家。ピサ派の始祖。ニコラともいう。代表作として,ピサ洗礼堂の説教壇 (1260) ,息子ジョバンニ (→ピサーノ ) と共作したシエナ大聖堂説教壇 (1268) ,ペルジャの噴水彫刻 (1277~80) などがある。とりわけピサ洗礼堂の説教壇浮彫では,古代ローマの石棺浮彫装飾を研究して古代復興の先駆をなしてルネサンス黎明を告げた。また,息子をはじめ弟子のアルノルフォ・ディ・カンビオ,ドナート,ラーポらを育てて,ピサ派の基礎を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピサーノ
Pisano, Andrea
[生]1290頃.ポンテデラ
[没]1348/1349. オルビエト
イタリアの彫刻家,金工家,建築家。 1330年ピサからフィレンツェに移り,洗礼堂の扉にブロンズによる浮彫を担当 (1330~36) 。四つ葉飾りの枠の中でアレゴリー聖書の場面を表現した。 1337年ジョットの跡を継いでフィレンツェの大聖堂の建築を完成し,同カンパニーレの浮彫を担当した。その作風はジョットの晩年様式の影響を受けているとみられ,形態の塊量性と構図の明晰性を特色とする。最後の作品はオルビエトの聖堂建築で,息子のニーノによって完成された。彼のブロンズによる扉の浮彫様式は,ピサの大聖堂の扉やパリやルーアンの聖堂建築に影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピサーノ
Pisano, Giunta
[生]1202? ピサ
[没]1258
イタリア,13世紀前半のピサ派における重要な画家。個人名として知られている最初のイタリアの画家。 1236年アッシジサン・フランチェスコ聖堂のために描いたといわれる磔刑図は現存しない。彼の署名とされる作品はアッシジのサンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂 (1240頃) などに3点が残る。彼の創造した磔刑図は前代の「勝利のキリスト」とは異なり,「苦しむキリスト」を表現した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピサーノ
Pisano, Giovanni
[生]1250頃. ピサ
[没]1314以後. シエナ?
13~14世紀に,イタリアのピサを中心に活動したピサ派の彫刻家。父ニッコロ (→ピサーノ) の影響で初め擬古代様式の作風を示していたが,父の死後,その影響を抜け出して自在に自己の感覚を発揮していく。ピストイアのサンタンドレア聖堂の説教壇 (1301完成) やピサ大聖堂の説教壇 (1310完成) など,写実に基づいたゴシック風の劇的感情表現へと進んでいった。その他,シエナ大聖堂の工事主任としてその正面装飾(→ファサード)に従事したり,またパドバのアレーナ礼拝堂やプラト大聖堂にも携わった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ピサーノ(Pisano)
(Nicola ~)[1220ころ~1280ころ]イタリアの彫刻家。ピサの洗礼堂の説教壇浮き彫りなどにより、ゴシック的要素と古典的要素とを併せ持つ独自の世界を確立した。
(Giovanni ~)[1250ころ~1314ころ]イタリアの彫刻家・建築家。の息子。父の技法を発展させた劇的な表現でゴシック彫刻を代表する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピサーノ【Andrea Pisano】
1290ころ‐1348
イタリアの彫刻家,建築家。ニコラ・ピサーノおよびジョバンニ・ピサーノ父子とは家系的にも流派的にも無関係だが,ピサ近郊のポンテデーラPontedera出身であるため,この名で呼ばれる。おそらくピサで修業のあと1330年にフィレンツェの洗礼堂の青銅扉の注文を受け,36年バプテスマのヨハネ伝と諸徳擬人像の計28場面の浮彫パネルからなる一対の扉を完成。これらはフランス・ゴシックに起源をもつ四つ葉のクローバー型の枠をもち,またジョットの影響の明らかな,簡素な背景と単純化された形体をもつ少数の人物による物語表現を見せる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ピサーノ【Giovanni Pisano】
1248ころ‐1314ころ
イタリアの彫刻家,建築家。ニコラ・ピサーノの子。青年期にはペルージアの大噴水(1278)その他を父と共作。人体をその有機的構造を明確にしつつ量塊として力強く表現する父の古典主義的作風に対し,衣褶の流れや人物の感情表現,彫刻面における光と影の交錯などを強調するゴシック的な造形感覚への移行を示す。代表作はピストイアのサンタンドレア教会説教壇(1301)およびピサ大聖堂説教壇(1302‐10)。【鈴木 杜幾子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ピサーノ【Nicola Pisano】
1220ころ‐78か84
イタリアの彫刻家。記録からピサよりも南イタリアのプーリア地方の出身とされ,また修業も同地方で積んだと思われる。初期の作ピサ洗礼堂の説教壇(1260)では,ピサのカンポサントやローマにあった古代彫刻の研究成果を踏まえ,モニュメンタルで力強く簡素な手法を達成し,彫刻におけるジョット的役割を果たしている。シエナ大聖堂の説教壇(1269),さらには晩年の作ペルージアの大噴水(1278)になると,構成は複雑となり,洗練度を高めて北方ゴシックへの接近を見せている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ピサーノ
[一] (Andrea Pisano アンドレア━) イタリア中世の彫刻家、建築家。フィレンツェ大聖堂鐘塔などの建築にたずさわった。(一二九〇頃‐一三四八
[二] (Giovanni Pisano ジョバンニ━) イタリアの彫刻家、建築家。ニコラ=ピサーノの息子。シエナ大聖堂正面を設計したほか、多くの説教壇彫刻において同時代のゴシック彫刻を代表する、写実に基づく劇的表現を完成させた。(一二五〇頃‐一三一四頃
[三] (Nicola Pisano ニコラ━) イタリア中世の彫刻家。ピサ洗礼堂の説教壇をはじめ多くの説教壇を制作。イタリア彫刻にゴシック的要素と古典的要素を併せ持つ劇的な造型表現を導いた。(一二二〇頃‐一二八四頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピサーノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピサーノの関連情報

関連キーワード

ループバックアドレスL判メルセンヌ素数以西底引網漁業沖合底引網漁業安定ヨウ素剤フッ化ホウ素クロラミンスルファメラジン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation