@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピスコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピスコ
Pisco
ペルー中南部,イカ県北西部の都市。首都リマの南南東約 200km,太平洋にのぞむ港湾都市で,ピスコ川河口に位置する。 1640年建設。ワタブドウの栽培を中心とした背後の灌漑農業地帯の積出港で,綿花果実,ぶどう酒などを積出す。このうち特に南東のイカ川河谷で栽培されるマスカットブドウから造られるブランデーが有名で,積出港である市の名にちなんで「ピスコ」と名づけられている。市内には綿実油,綿織物などの工業があり,沿岸では漁業が盛ん。市南方のパラカス半島の砂漠の中には先インカ期の墳墓遺跡がある。パンアメリカン・ハイウェーが通るほか,南東約 70kmの県都イカから鉄道が通じる。人口7万 7200 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピスコ【Pisco】
ペルー南西部,イカ県の北西部にある港湾都市。人口2万8519(1975)。太平洋に注ぐピスコ川の河口近くに位置する。チンチャ,ピスコ,イカなどの谷の肥沃な灌漑地を後背地にもち,栽培される綿花,ブドウの集散地で重要な積出港である。市は海側のピスコ・プエルトと内陸のピスコ・プエブロに二分され,後者には,中庭をもつスペイン植民地時代の建築物が多く残る。2km北にあるピスコ港は,かつて南のパラカスにあった港を移転したものであるが,第2次世界大戦後,魚粉加工業が発展し,その原料となるイワシの水揚港ともなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

ピスコ(pisco)
ブドウを原料としてつくる、ペルー産の蒸留酒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピスコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピスコの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation