@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピノチェト

デジタル大辞泉

ピノチェト(Augusto Pinochet Ugarte)
[1915~2006]チリ軍人・政治家。1973年、クーデターによりアジェンデ政権を打倒し実権を握る。1974年、大統領就任新自由主義的な政策により経済成長を実現した。大統領退任後、人権侵害や公金横領の罪に問われ告発された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピノチェト
ぴのちぇと
Augusto Pinochet Ugarte
(1915―2006)
チリの軍人、政治家。バルパライソに生まれ、陸軍士官学校に学ぶ。同校で軍事地理や地政学を教え、『チリの地政学』などの著書がある。駐米大使館付武官を経て陸軍参謀総長となり、1973年陸軍司令官に就任し、同年9月クーデターによってアジェンデ大統領の社会主義政権を倒した。軍事評議会議長、ついで大統領として徹底した軍政(「権威主義的民主主義」と自称)を敷き、自由主義的経済政策を実施した。しかし、その人権抑圧政策は国際的にも批判を受け、経済危機や周辺諸国の民政化を背景に、国民の抵抗を受けた。1990年大統領を退任。1998年陸軍司令官も退任して終身上院議員となった。
 病気治療を目的に外交旅券でロンドン滞在中の1998年10月、軍政時代における虐殺、拷問、誘拐などの人権侵害を告発するスペイン予審判事の要請を受けたイギリス司法当局によって身柄を拘束され、スペインは身柄引渡しを要求、チリは外交官の不逮捕特権を理由に帰国を求めた。当時イギリスの最高裁を兼ねていた貴族院(上院)は、逮捕は適法であると審決、当局は拘束を続けた。2000年に至ってベルギー政府や人権団体による釈放反対の動きのなか、高齢や健康悪化を理由に高等法院が釈放を決定。チリへ帰国後、殺人、誘拐、横領などさまざまな罪で告訴されていた。2006年12月、サンティアゴで死去。[乗 浩子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ピノチェト
Augusto Pinochet Ugarte
1915〜  
チリの軍人・大統領(在任1974〜90)
1973年のクーデタでアジェンデ政権を打倒して軍政をしき,74年より国家元首兼大統領に就任。反対派に政治的弾圧を加えて国際的非難を浴びる。1988年の国民投票に敗れて民主化移行を迫られ,大統領選挙にも敗れて,90年に民政移管した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピノチェト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピノチェトの関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン高校野球意匠テキサス大学アイスランドの要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation