@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピピン

デジタル大辞泉

ピピン(Pippin)
(~der Mittlere, von Heristal)[?~714]ピピン2世。フランク王国アウストラシア分邦の宮宰カロリング家。ネウストリア分邦の支配権を勝ち取り、次いでブルグントの宮宰も兼ね、全王国の実権掌握異教徒のキリスト教化に貢献。中ピピン
(~der Jüngere)[714~768]ピピン3世。フランク国王。在位751~768。カール=マルテルの子。カール大帝の父。短身王と称された。751年にローマ教皇の承認を得、王位に就いてカロリング朝を開いた。ラベンナ地方を教皇に献じ、教皇領発端をつくる。小ピピン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ピピン
1972年初演ミュージカル原題《Pippin》。作詞作曲:スティーブン・シュワルツ、脚本:ロジャー・ハーソン。日本では1976年に東宝により初演。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ピピン【Pippin der Jungere】
714~768 フランク王(在位751~768)。カール=マルテルの子。カール大帝の父。教皇の承認を得てメロビング朝を廃し王位につき、カロリング朝を開いた。ランゴバルドから奪ったラベンナ地方などを教皇に寄進し、教皇領の起源をつくる。短軀王。小ピピン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピピン
(Pippin) フランク王国カロリング王朝の初代国王(在位七五一‐七六八)。全王国の実権を掌握した後、教皇に王位の正統性を承認された代償としてラベンナ太守領を献じた。カール大帝の父。(七一四‐七六八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピピン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピピンの関連情報

関連キーワード

ファスビンダーシュレンドルフシュリンクラング(Fritz Lang)エンゲルスケーラーハウザーベルグラーフパナマレンコ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation