@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピュリッツァー賞【ピュリッツァーしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピュリッツァー賞
ピュリッツァーしょう
Pulitzer Prize
アメリカ合衆国の報道,文学,音楽の各分野におけるめざましい公益への貢献や業績に対して贈られる賞。コロンビア大学が毎年授与しており,あわせて奨励金部門の選考も行なわれる。新聞王ジョーゼフ・ピュリッツァーによる 50万ドルの寄付を基金として創設された権威ある賞で,1917年以来,毎年 5月に授与される。受賞者の選考は,コロンビア大学が任命する審査員からなる理事会の推薦により行なわれる。部門や受賞者数は年々変化してきたが,近年は報道部門 14,文学部門 6,音楽部門 1,奨励金部門 4となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ピュリッツァー‐しょう〔‐シヤウ〕【ピュリッツァー賞】
米国の文学賞・新聞賞。新聞人ジョーセフ=ピュリッツァー(Joseph Pulitzer)の遺産により1917年に制定され、毎年、ジャーナリズム・文学・音楽の分野ですぐれた仕事をした人に贈られる。ピューリッツア賞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぴゅりっつぁーしょう【ピュリッツァー賞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ピュリッツァーしょう【ピュリッツァー賞】
新聞人ジョセフ=ピュリッツァーの遺言により1917年に設けられた賞。毎年、報道・文学・音楽の各部門ですぐれた社会的功績をあげた作品に与えられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピュリッツァー賞
ぴゅりっつぁーしょう
The Pulitzer Prize
アメリカの新聞王J・ピュリッツァーの遺言により、ジャーナリストの資質向上を目的としてコロンビア大学に1912年ジャーナリズム学部が設けられたのと連動して、1917年に創設された賞。ジャーナリズムのみではなく文学、音楽の各カテゴリーを対象とし、さらにそれぞれいくつもの部門に分けて、コロンビア大学内に置かれた委員会が選考にあたり、例年5月に授賞式がある。賞金は時代によって推移しているが、2010年時点ではそれぞれ1万ドルとなっている。
 同賞の対象となるのは、アメリカ国内での諸活動ではあるが、ジャーナリズム部門ではアメリカでの掲載や発表さえあれば外国人も受賞の機会があり、1942年に新設された報道写真の部門で、1961年に当時毎日新聞社の写真部員であった長尾靖(やすし)(1930―2009)が「浅沼社会党委員長刺殺事件」の写真で日本人初の受賞を果たし、1966年にはベトナム戦争に取材した写真で沢田教一(1936―1970)、1968年には酒井淑夫(としお)(1940―1999)が受賞している。
 ピュリッツアー賞は、ジャーナリストのノーベル賞ともいわれる栄誉ある賞である一方、受賞目的の記事捏造(ねつぞう)発覚などのスキャンダルにみまわれたこともある。[平木 収]
『J・ホーヘンバーク著、天野景司訳『ピューリッツア賞物語』(1970・産業能率短期大学出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピュリッツァー‐しょう ‥シャウ【ピュリッツァー賞】
〘名〙 アメリカの新聞経営者ジョセフ=ピュリッツァーの遺志により、一九一七年に創設された文化賞。新聞(論説やニュースなど八部門)、文学(小説・演劇など五部門)、音楽の各分野で、その年のすぐれた業績に与えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピュリッツァー賞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピュリッツァー賞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation