@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピュリッツァー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピュリッツァー
Pulitzer, Joseph
[生]1847.4.10. マコ
[没]1911.10.29. サウスカロライナ,チャールストン
ハンガリー生れのアメリカの新聞経営者。 1864年南北戦争の北軍義勇兵として渡米。セントルイスでドイツ語新聞"Westliche Post"の記者,さらにニューヨークで『サン』の通信員などを経験したのち,78年夕刊『セントルイス・ディスパッチ』を買収して『ポスト』と合併,『ポスト・ディスパッチ』 Post-Dispatchを創刊。民衆のための社会改良的立場からニュースを取上げることにより,大衆新聞の地歩を築いた。さらに 83年5月 J.グールドから『ニューヨーク・ワールド』を買収,87年 10月には『イブニング・ワールド』 Evening Worldを創刊,92年には朝・夕刊合せて 37万 4000部というニューヨーク第一の新聞に発展させた。一方 W.ハーストの『ニューヨーク・ジャーナル』との間に激しい販売競争を展開し,扇動的な報道の代名詞としてイエロー・ジャーナリズムという言葉を生んだ。「自由の女神」の台座づくり 10万ドル基金キャンペーンでも知られる。晩年は「ワールド」王国の衰退と失明のため不遇であったが,コロンビア大学新聞学科の創設 (1903.6.) や,遺言による「ピュリッツァー賞」の設定 (17) など,新聞界に貢献した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピュリッツァー【Joseph Pulitzer】
1847‐1911
アメリカのジャーナリスト,新聞経営者。ハンガリーのブダペスト近郊に生まれる。1864年,南北戦争中のアメリカに渡り,リンカン騎兵隊に参加,67年アメリカに帰化した。68年セント・ルイスで,ドイツ語新聞《ベストリッヘ・ポスト》にレポーターとして入り,市政の腐敗暴露,おもしろいニュースの報道に活躍する。78年,破産して競売に付されていた《セント・ルイス・ディスパッチ》紙を買い,J.A.ディロン経営の《セント・ルイス・ポスト》紙と合併させ夕刊紙《ポスト・ディスパッチThe Post‐Dispatch》の編集・経営にあたり,民衆味方として汚職,大企業の不正に対するキャンペーンを繰り返し,新しいジャーナリズム手法を試みながら,同市の指導的新聞とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピュリッツァー
ぴゅりっつぁー
Joseph Pulitzer
(1847―1911)

アメリカの新聞人。ハンガリーに生まれる。1864年、南北戦争の際、北軍の募兵に応じて渡米、1868年、ミズーリ州セントルイスで発行されていたドイツ語紙『ウェストリッヘ・ポスト』の記者となり、1869年にはミズーリ州議員に選ばれ、やがて同紙の経営者となった。その後『ニューヨーク・サン』紙のワシントン通信員を務めたりしたが、1878年つぶれかかっていた『セントルイス・ディスパッチ』紙を買収、これを『セントルイス・ポスト』紙と合併して、『セントルイス・ポストディスパッチ』と改めて、どの党派にも属さず、行政を批判することを旗印として、数年のうちに利益をあげる新聞とした。1883年には『ニューヨーク・ワールド』紙を買収、センセーショナルなニュース報道でたちまちのうちに成功を収めた。1887年には『イブニング・ワールド』紙を創刊し、まもなくニューヨーク最大の部数を誇るようになった。1884年には下院議員に選出されたが、まもなく視力が衰えて、1890年ごろから保養地やヨットで生活することとなる。

 しかし1895年ハーストが『モーニング・ジャーナル』紙を買収して、同じくセンセーショナルな新聞で『ワールド』紙と対抗するようになると、競争は激化、ことに互いの日曜版で色刷り漫画競争となり、その主役であったイエロー・キッドの名にちなんで、両紙はイエロー・ジャーナリズムという悪名を残すこととなった。1898年アメリカ戦艦メーン号爆沈後の両紙の報道は戦争熱をあおるものだとの非難を浴びた。1903年、ピュリッツァーはコロンビア大学に200万ドルを寄付、これをもとにして1912年には同大学に新聞学部がつくられ、記者教育が行われるようになった。また遺言により1917年にピュリッツァー賞が制定された。

[伊藤慎一]

『W・A・スウォンバーグ著、木下秀夫訳『ピュリツァー』(1978・早川書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピュリッツァー
(Joseph Pulitzer ジョセフ━) ハンガリー生まれのアメリカのジャーナリスト、新聞経営者。「ニューヨーク‐ワールド」紙を経営、新聞界を支配。コロンビア大学に新聞学科を創設するための寄付を行なったほか、遺言により「ピュリッツァー賞」が設けられた。(一八四七‐一九一一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ピュリッツァー
Joseph Pulitzer
1847〜1911
アメリカの新聞記者・新聞経営者
ハンガリーに生まれ,アメリカに移住して帰化した。セントルイス新聞記者となり,「ニューヨーク−ワールド」を買収して大衆化に成功した。遺言にもとづいて,すぐれたジャーナリストなどを表彰するピュリッツァー賞がつくられた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピュリッツァー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピュリッツァーの関連情報

関連キーワード

常用漢字新常用漢字表釣鐘草山人参裏白狐茶袋日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation