@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピュロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピュロス
Pyrrhos; Pyrrhus
[生]前319
[没]前272
古代エピルスの王 (在位前 307~302,前 297~272) 。 12歳で王位についたが5年後に簒奪され,デメトリオス1世に従ってアジアへ行き,その後人質としてアレクサンドリアへ送られ,そこでプトレマイオス2世フィラデルフォスの娘アンチゴネと結婚,彼の援助を得て王位に復帰 (前 297) 。次に,エピルスのマケドニアからの解放を試み,またマケドニアの内紛を利用して国境地方の山地を獲得。その後もコルキュラ,マケドニアの西半分,テッサリアと領土を拡張し,アイトリアアテネと同盟も結んだが,リュシマコスによりエピルスへと押し返された (前 285) 。一時イタリアへの介入を試み,シチリアまで進撃した (前 280~275) が,再びエピルスへ帰還。マケドニア征服を試みたが,次いで突如ペロポネソスに転じ,スパルタの包囲に失敗してアルゴスで殺された。アンブラキアを首都とし,ドドナには大劇場を建設,エピルスのギリシア化をなしとげた。また,戦記や戦術論を書いたが,断片しか残っていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピュロス
ピロス」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピュロス【Pyrrhos】
前319‐前272
ギリシア北方エペイロス(エピルス)の国王。在位前307‐前303年,前297‐前272年。父王の失脚後王位に就いたが反乱に遭って逃亡,前297年プトレマイオス2世の援助で復位を遂げる。南イリュリア地方にまで王国を拡大,マケドニアの抗争にも介入して国境地帯を獲得し,アテナイやテッサリアの一部をマケドニアの支配から解放したが,前284年リュシマコスに敗れ占領地を返還せざるをえなかった。前280年ローマに圧迫されていたタレントゥム市の要請に応えてローマ軍を破り,ローマまでわずかの所まで迫った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ピュロス【Pylos】
ミュケナイ時代の宮殿址。ギリシア伝説のトロイア戦争物語のなかで活躍する老いた知将ネストルの宮殿は長く探索されていたが,1939年にようやく発掘確認された。それはペロポネソス半島のメッセニア西海岸にある肥沃平野をひかえ,ナバリノ湾なる良港に近い広さ120m×75mくらいの低い丘上にあった。厳重な城壁は十分には定かでないが,宮殿は丘の西半部を占めていた。遺跡は2~3の総合建物からなり,中央のものが主体となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ピュロス
Pyros
ミケーネ時代の宮殿址
王は大きな石で城塞 (じようさい) を築き,その宮殿は壁画で飾られていた。線文字Bを記した数千の粘土板(ピュロス文書)が発見されたが,それによると,王宮役人書記課税・賦役徴収・生産物配給などを行っていたという。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピュロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピュロスの関連情報

関連キーワード

自白アミノナフトールスルホン酸シャープール[1世]ゼノビアレントゲニウムシャープール(1世)ピロス石勒常陸大宮市歴史民俗資料館

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation