@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピョンヤン(平壌)準平原【ピョンヤンじゅんへいげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピョンヤン(平壌)準平原
ピョンヤンじゅんへいげん
P'yǒngyang chunpy'ǒngwon
アクラン (楽浪) 準平原ともいう。北朝鮮の南西部にある準平原。面積は約 500km2で,朝鮮半島で最大。ピョンヤン市からファンヘプク (黄海北) 道のファンジュ (黄州) 郡,サリウォン (沙里院) 市にかけて広がる。石灰岩が浸食された老年期地形で,テラロッサ残留。標高 20~50m。テドン (大同) 江と支流のチェリョン (載寧) 江の流域。年降水量は 1000mm以下であるが,灌漑施設が整い,イネ,ムギ類,果樹の栽培が盛ん。石灰石を産する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピョンヤン(平壌)準平原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピョンヤン(平壌)準平原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation