@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピョンヤン(平壌)特別市【ピョンヤン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピョンヤン(平壌)〔特別市〕
ピョンヤン
P'yǒngyang
朝鮮民主主義人民共和国の首都。朝鮮半島の北西部にある。 18区域3郡に分かれる。ピョンヤン (平壌) 準平原の北部を占め,北部から南東部にかけて丘陵性の山地がある。テドン (大同) 江が中央を南東流し,左岸からナム (南) 江,右岸からポトン (普通) 江が合流する。月平均気温は-8℃ (1月) ~24.4℃ (8月) と,大陸の影響によって年較差が大きい。南北交通の要地で,半島東岸への交通路,テドン江水系の船運もある。また周囲を丘陵と江水に守られた要害の地である。高句麗で国都となり,427年から 668年の滅亡まで高い文化を誇った。市域や近隣の郡に多くの古墳や遺跡がある。高麗で西京となり,李氏朝鮮では平壌府で平安道の観察使営を兼ねた。 1898年開市場となり,以後,キョンウイ (京義) 鉄道の開通,外港のナンポ (南浦) と結ぶピョンナム (平南) 鉄道の開通により重要性を増した。人民共和国の成立後,臨時首都となり,1972年名実ともに首都 (1級行政区) となった。中心市街地はテドン江の右岸,ポトン江との合流点から北東に広がる。朝鮮戦争による徹底的な破壊から復興し,市街はテドン江の東方にも延びたほか,市域も数次にわたり拡張された。公園の多い静かな町として知られる。政府機関のほか学術教育施設が集中しており,金日成総合大学,金享稷師範大学,学生少年宮殿,革命博物館,人民文化宮殿,二八文化会館,国立劇場,美術博物館などがある。北東郊のテソン (大城) 山には動物園,植物園もある。市域や周辺に無煙炭をはじめとする地下資源に恵まれ,北朝鮮最大の工業都市となっている。 100あまりの各種機械工場のほか火力発電所,セメントや煉瓦などの建材工場,総合紡織工場,食品工場などが立地する。郊外では農業も重視され,大養鶏場や養豚場が散在し,牧場もある。野菜栽培も盛んである。鉄道はピョンウイ (平義) 線,ピョンブ (平釜) 線,ピョンラ (平羅) 線,ピョンドク (平徳) 線,ピョンナム線が集まり,国の鉄道網の中心である。人口 258万1076(2008)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピョンヤン(平壌)特別市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピョンヤン(平壌)特別市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation