@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピョートル

デジタル大辞泉

ピョートル(Pyotr Alekseevich)
(1世)[1672~1725]ロシア皇帝。在位1682~1725。大帝と称される。西欧文明・技術の摂取に努め、軍隊の整備、中央集権化、産業の育成などロシアの近代化を推進、ペテルブルグを建設した。また、北方戦争トルコとの戦争を通して領土を拡大、ロシアを北方強国とした。ペートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ピョートル【Pyotr】
(一世)1672~1725 ロシア皇帝(在位1682~1725)。積極的に西欧の技術・制度を導入する一方、北方戦争などにより領土を拡張。首都をペテルブルクに移し、官僚制の整備、農奴制の安定、商工業の育成を図り、絶対主義を確立、ロシアの近代化に努めた。ピョートル大帝。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピョートル
(Pjotr) 一世。ロシア皇帝(在位一六八二‐一七二五)。大帝。典型的な啓蒙専制君主。西欧化政策をとる一方、北方戦争やペルシア遠征などで領土を拡大し、首都をモスクワからペテルブルクに移した。陸海軍の近代化、中央集権化、農奴制の強化、マニュファクチュアの育成などロシアの近代化、強国化に努めた。(一六七二‐一七二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピョートル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピョートルの関連情報

関連キーワード

ニュートン(Sir Isaac Newton)ライプニッツピョートル[1世]ピョートル1世(大帝)ピョートル(1世)嬉野次郎左衛門エカチェリーナ(1世)ロマノフ朝挿花

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation