@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピレネー条約【ピレネーじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピレネー条約
ピレネーじょうやく
Treaty of the Pyrenees
1659年 11月7日フランスの宰相 J.マザランスペインの首相ルイス・デ・アロによって締結されたフランスとスペインの和平条約。フランスはフランドル,エノー,リュクサンブールの一部とアルトアルーシヨン伯領を獲得し,スペイン王フェリペ4世の長女マリア・テレサ (マリ・テレーズ ) とフランス王ルイ 14世の結婚が取決められた (1660結婚) 。ルイ 14世はマリア・テレサへの 50万エキュの婚資を条件としてスペイン王位継承権の放棄を課せられたが,この和約によってヨーロッパにおける政治的優位はスペインからフランスに移った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぴれねーじょうやく【ピレネー条約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピレネー条約
ぴれねーじょうやく

フランスとスペインとの間に1659年11月7日結ばれた平和条約。1635年フランスの三十年戦争参戦以来、戦争状態にあった両国は、58年の砂丘の戦いでのフランス軍の勝利を機に、翌年講和を結んだ。フランスはピレネーPyrénées山地のルシヨンとセルダーニュおよびアルトアの一部を獲得した。また、ルイ14世とスペイン王女マリア・テレサとの結婚が成立し、50万エキュの持参金をスペインは支払うことになった。これはその後ルイ14世のフランドル侵略にあたり、王妃の権利を主張させる論拠となった。この条約は、ウェストファリア条約(1648)とともに、スペインの没落を決定づけ、フランス優位の時代を開いた。

[千葉治男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ピレネー条約
ピレネーじょうやく
Traité des Pyrénées
1659年11月7日,フランスとスペイン間に結ばれた条約
フランスはアルトワ・フランドルの一部を得,スペイン王ルイ14世の妃と決定。のちのスペイン継承戦争遠因となる。宰相マザランの外交により,ブルボン朝繁栄の基礎がつくられた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピレネー条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピレネー条約の関連情報

関連キーワード

浅井了意ホイヘンス浅井了意天文学史(年表)井伊直孝伊曽保物語井上通岩田涼菟大石良雄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation