@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピロ電気【ピロでんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピロ電気
ピロでんき
pyroelectricity
固体の温度を変えることにより表面分極電荷が現れる現象ピロとはギリシア語で火を意味する。焦電気パイロ電気ともいう。もともと自発分極をもっているが空気中のイオン吸着などによって中和されていた固体が,温度を変えると結晶の体積変化が起り,電気分極が変化する。このため,変化した分だけの分極電荷が観測される。水晶ロシェル塩など圧電効果を示す結晶にみられる (→圧電気 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぴろでんき【ピロ電気】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ピロ電気
ピロデンキ
pyroelectrocity

焦電気ともいう.一般に結晶体は,外部から電場Eが加わるとそれに比例して分極Pが現れる.たとえば,電気石のような異極性結晶(イオン結晶),あるいはチタン酸バリウムBaTiO3,ロッシェル塩KNaC4H4O6・4H4O,リン酸二水素カリウムKH2PO4などの強誘電体には,E = 0のときにも分極 P0(自発分極)が存在する.普通,それらは表面に外部から反対の電荷がくっついていて,表面電荷は0になっている.しかし,温度を変化させると自発分極 P0 がかわるので,その差にもとづく電荷が表面に現れる.これをピロ電気または焦電気という.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ピロ‐でんき【ピロ電気】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピロ電気
ぴろでんき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピロ‐でんき【ピロ電気】
〘名〙 (ピロはpyro) =しょうでんき(焦電気)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピロ電気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピロ電気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation