@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピンドス山脈【ピンドスさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ピンドス山脈
ピンドスさんみゃく
Orosirá Píndhou
ギリシア,バルカン半島部の脊梁山脈アルバニアとの国境付近から南南東へ 150km以上にわたって延びるが,しばしば北はアルバニア領内の山地,南はティムフリストス山地,さらにコリンシアコス湾に迫るギオナ山地までも含める。最高峰は北部のスモリカス山 (2637m) 。地質的にはバルカン半島のディナルアルプスの延長で,中核は結晶片岩,蛇紋岩,花崗岩などから成るが,横谷によりいくつもの小山脈に分断されている。東のセサリア (古代名テッサリア) ,西のイピロス (同エピルス) 両地方の分水界をなし,アリアクモン,ピニオス,アラフソス,アヘロオスなどのギリシアの主要河川の水源となっている。斜面はカシモミ,ブナ,マツなどの森林におおわれ,雪どけ後,森林限界より上の斜面はヒツジの放牧場となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピンドス山脈
ぴんどすさんみゃく
Pndos ros
ギリシア中西部を南北に縦走する険しい山脈。バルカン半島西岸を走るディナル・アルプスの南の延長で、片岩、蛇紋岩、花崗(かこう)岩など、噴出岩、変成岩からなる。北はアルバニア南東部から始まり、イオニア海側のエピルス地方とエーゲ海側のテッサリア地方とを分ける本土の脊梁(せきりょう)山脈となり、その余脈はペロポネソス半島やエーゲ海の島々に及んでいる。最高峰はスモリカスSmolikas山(2637メートル)。[真下とも子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピンドス山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピンドス山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation