@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ピーターと狼

デジタル大辞泉プラス

ピーターと狼
旧ソ連の作曲家セルゲイ・プロコフィエフ朗読付き管弦楽曲(1936)。子供向けの音楽教育目的として作曲された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピーターとおおかみ【ピーターと狼 Petya i volk】
ソ連邦の作曲家プロコフィエフ自国の子どもたちのために作詞・作曲した音楽童話(作品67)。1936年作曲,同年5月モスクワの児童劇場で初演された。小編成のオーケストラと語り手によって演奏される新古典主義的な作風の作品。ピーター,おじいさん,狩人,狼,猫,小鳥アヒルといった主人公たちが,それぞれ特定の楽器と主題によって表され,朗読をはさんで物語が展開する。日本初演は48年4月,東宝交響楽団,朗読山本安英,指揮近衛秀麿によって東京で行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ピーターと狼
ぴーたーとおおかみ
Петя и Волк/Petya i Volk ロシア語
Peter and the Wolf 英語

プロコフィエフが1936年に作曲した朗読付き管弦楽曲(作品67)で、作者は「交響的物語」とよんでいる。青少年をオーケストラ音楽に親しませることを目的とした啓蒙(けいもう)的作品で、台本は作曲者自身による。勇敢な少年ピーターが機知を働かせて狼を生け捕りにするまでを描いたおとぎ話は語り手の朗読で語られ、小鳥はフルート、アヒルはオーボエ、猫はクラリネットなど、脇役(わきやく)を含めた各登場人物には、それぞれ固有の楽器と主題が与えられている。啓蒙的作品とはいえ、効果的な管弦楽法と主題構成の巧みさは初演当時から高く評価され、その後世界中で広く親しまれるに至った。36年モスクワの児童劇場で初演。日本初演は48年(昭和23)近衛秀麿(このえひでまろ)指揮の東宝(現東京)交響楽団であった。

[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピーターと狼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ピーターと狼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation