@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファイユーム遺跡【ファイユームいせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファイユーム遺跡
ファイユームいせき
al-Fayyūm
エジプト,カイロの南西約 100kmにある新石器時代から古王国時代,さらにプトレマイオス朝にわたる遺跡。ビルケト・カールーン湖を中心にして種々の遺跡群があるが,特に新石器時代については,エジプトの標準遺跡となっている。 1924~28年イギリスの C.トムソンらが調査。大麦,小麦,鎌,石臼,すり石や,牛,羊,やぎ,豚などの骨も出土し,当時の農耕生活がしのばれる。また石鏃,骨製の,石槍,ブレードなどの道具のほか,壺,皿,籠,麻布,装飾品が発見されている。 (→ファイユーム文化 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファイユーム遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファイユーム遺跡の関連情報

関連キーワード

インテリジェントクルーズコントロールアルコバッサの修道院カンタブリア[山脈]アスエロ半島アストラハンガベス湾台風の眼メキシコ湾流ウルトラマラソンサード

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation