@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファエンツァ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファエンツァ
Faenza
イタリア北部,エミリアロマーニャ州ラベンナ県の工業都市ボローニャ南東約 49km,ラモーネ川にのぞみ,エミリア街道の要地を占める。古代にはファウェンティアと呼ばれた都市で,12世紀初期には独立の都市に成長。スペインマヨルカ島から導入された陶器の製造によって有名。ファイアンス陶器の名はここの地名に由来する。その生産は 12世紀に始り,15~16世紀には頂点に達した。現在も陶器のほか金・銅細工,機械,繊維工業などが行われ,果物ワイン集散地。国際陶器博物館がある。人口5万 3577 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ファエンツァ【Faenza】
イタリア北部,エミリア・ロマーニャ州ラベンナ県の都市。人口5万4050(1990)。エトルリア人が建設し,ローマ時代にボローニャとリミニを結ぶアエミリア街道,ラベンナとフィレンツェを結ぶファウェンティナ街道とが交わる所に位置する交通上の要地となった。11世紀に自由都市となって発展,その後マンフレディ家に支配され,16世紀に教皇領に統合された。陶器の生産地として,中世初め以来の古い伝統をもっており,長い間ヨーロッパの陶芸をリードしてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファエンツァ
ふぁえんつぁ
Faenza
イタリア北東部、エミリア・ロマーニャ州ラベンナ県の都市。人口5万3369(2001国勢調査速報値)。ラモーネ川沿いに位置し、エミリア街道とファエンティーナ街道の結節点をなす。15世紀以来マジョリカ陶器の主産地として有名である。1908年に国際陶器博物館が建てられ、多くの作品が陳列されている。主産業は農業であるが、天然ガスの産出が重要度を高めつつある。[堺 憲一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファエンツァ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファエンツァの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation