@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファショダ事件【ファショダじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファショダ事件
ファショダじけん
Fashoda Incident
1898年アフリカ分割をめぐってイギリスの縦断政策とフランスの横断政策が衝突した事件。エジプトスーダン地方をイギリスが統治下におこうとしたとき,フランスがアフリカ横断政策によってナイル川上流地域を占領してイギリスのケープ,カイロの生命線の切断を試み,98年7月ナイル河畔のファショダにフランス国旗が掲げられた。イギリスの H.キッチナーはフランス軍の撤退を求め,一時両国間に戦争の危機が生じたが,最後にフランスが譲歩した。 99年3月 21日英仏共同宣言が発せられ,ファショダはイギリスの,西スーダンはフランスの勢力下にそれぞれ入り,さらに 1904年英仏協商によってアフリカの勢力分野が決定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ファショダ‐じけん【ファショダ事件】
1898年、アフリカ分割をめぐってイギリス・フランス両軍がスーダン南部のファショダ(現南スーダンコドク)で遭遇・対峙(たいじ)した事件。フランス政府が譲歩し、スーダンはイギリスの勢力圏として認められた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ファショダじけん【ファショダ事件 Fashoda Incident】
1898年,エジプト・スーダン南部ファショダで,イギリス,フランス両勢力が衝突した事件。エジプト・スーダンは,カイロからケープ植民地を結ぼうとするイギリスのアフリカ縦貫政策と,紅海沿岸のソマリランドから大西洋岸のセネガルを結ぼうとするフランスの横断政策の交差地域となった。1898年7月,コンゴを出たマルシャンJ.B.Marchand大佐(1863‐1934)指揮下のフランス隊はナイル渓谷のファショダを占領したが,イギリスのキッチナーH.H.Kitchener将軍(1850‐1916)はナイルをさかのぼってスーダンへ進軍,9月19日にファショダへおもむき,フランス軍の撤退を求めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ファショダじけん【ファショダ事件】
アフリカ分割をめぐり、1898年イギリス・フランス両軍がスーダン南部のファショダ(Fashoda)で対峙たいじした事件。外交交渉によりスーダンはイギリスの支配下におかれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファショダ事件
ふぁしょだじけん
Fashoda incident
1898年、スーダン南東部のファショダ(現、南スーダン共和国コドクKodok)で、イギリス、フランス両勢力が衝突した事件。19世紀末、ヨーロッパ列強によるアフリカ分割が激化し、イギリスはスーダンを占領、カイロとケープ・タウンを結ぶ南北縦断政策を進めた。一方、西アフリカの大半を手中にしたフランスは、アフリカ東岸のジブチへ抜ける大陸横断政策をとり、マルシャン将軍を派遣した。1898年彼はファショダに到達し、急を聞いて駆けつけたイギリス軍のキッチナー将軍と対峙(たいじ)した。イギリス軍はフランス軍の撤退を求めたが受け入れられず、結局両国の外交問題に発展、あわや開戦という瀬戸際まで追い込まれた。しかし、フランスの譲歩でマルシャンは撤退し、翌1899年スーダンはイギリスとエジプトの共同統治となり、フランスはチャド湖一帯を獲得した。この事件はヨーロッパ列強によるアフリカ分割の最後の頂点となった事件とされる。[青木澄夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ファショダ‐じけん【ファショダ事件】
(ファショダはFashoda) 一八九八年に起きたアフリカ分割をめぐるイギリスとフランスとの衝突事件。ナイル河畔、スーダン南東部のファショダ(現コドク)で両国軍隊が対立したが、フランス側の譲歩で、翌年イギリスのスーダン支配を協定した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ファショダ事件
ファショダじけん
Fashoda Incident
1898年,アフリカにおいてイギリスの縦断政策とフランスの横断政策が衝突した植民地分割事件
フランスのマルシャン大佐の一隊がアフリカ西海岸からスーダンのファショダに到着し,フランス国旗を掲げた直後,イギリスのキッチナー将軍がスーダン地方のマフディーの乱を鎮圧してこの地に到着,フランスの撤退を要求して情勢は緊迫し,問題は両国の外交交渉に委ねられた。両国の世論は高まったが,1899年フランス外相のデルカッセはイギリスに譲歩し,スーダンはイギリスの支配下に置かれ,縦断政策は成功した。この事件は英仏抗争の頂点であったが,これを機に両国の接近がみられ,1904年の英仏協商を迎えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファショダ事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファショダ事件の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation