@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファナック(株)【ふぁなっく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファナック(株)
ふぁなっく
NC(数値制御装置)での世界トップ企業。1956年(昭和31)富士通信機製造(現富士通)はコンピュータ開発とコントロール開発の2大プロジェクトチームを発足させた。コントロール開発チームは、アメリカのマサチューセッツ工科大学で開発されたばかりのNCに絞り、1959年に日本最初の連続切削NCを開発した。当初は赤字が続いたが、約10年間で黒字に転換、1972年にNC部門が富士通から独立し、富士通ファナックが発足、82年に社名をファナックとした。NCについては、電気・油圧パルスモーターによるオープンループNCを自社開発したが、のちにアメリカのゲティス社技術を導入したDCサーボモーターによるクローズドループNCに転換した。NCでの制御技術を生かし、1974年にロボットを開発、自社の機械加工工場に導入、その後ロボットはNCに次ぐ主力商品に育っていった。1982年にアメリカのゼネラル・モーターズ社、86年にアメリカのゼネラル・エレクトリック社とFA(ファクトリー・オートメーション)分野の合弁会社を設立。1980年から約10年かけて東京の工場・本社を山梨県忍野(おしの)村に移転した。資本金690億円(2008)、売上高3480億円(2008)。[中村青志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファナック(株)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファナック(株)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation