@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファミリーファンド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファミリーファンド
ユニット型投資信託の募集方式を維持しながら運用管理面で合理化をはかるものとして,1967年の証券投資信託法改正で認められ,70年から実施された証券投資信託一種で,日本独自のもの。信託期間は定められず,残存元本が設定額の 20%未満になったとき投資家に償還される。毎月設定されるユニットはベビー・ファンドとして個別的には運用せず,いくつかのユニットをまとめたマザー・ファンドを設定してそれを合同運用するもので,具体的には個々のユニットがマザー・ファンドの受益証券を買うという形式をとる。収益分配は年1回で,普通型のユニット型投資信託と同じである。価格変動準備金制度が設けられ,安定性に配慮がなされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ファミリー‐ファンド
《〈和〉family+fund》投資信託の合同運用の一形態。マザーファンドとベビーファンドという二つのファンドから構成される。投資家はベビーファンド(子ファンド)を購入し、その資金をマザーファンド(親ファンド)で合同運用する。複数のファンドをひとつのファンドで合同して運用することで、ファンド運用・管理の合理化をはかる制度。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

ファミリーファンド

複数の投資信託の資金をまとめて、「マザーファンド(親投資信託)」と呼ばれる投資信託に投資し、マザーファンドが株や債券等の資産に投資する運用方式のこと。
マザーファンドに投資する投資信託を「ベビーファンド」と呼ぶが、マザーファンドの運用の成果がベビーファンドに反映される。一般投資家はベビーファンドに対して投資を行う。

出典:(社)投資信託協会

ファミリーファンド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファミリーファンドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation