@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファヤンス【ふぁやんす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファヤンス
ふぁやんす
Kasimir Fajans
(1887―1975)
ポーランド生まれのアメリカの化学者。ライプツィヒ等の大学に学んだのち、カールスルーエ工科大学(1911~1917)を経て、1917年ミュンヘン大学助教授、1923年教授。1934年ナチスに追われて渡米、1936年ミシガン大学教授となった。1942年帰化。放射性元素の研究を進め、1913年ウランX1のβ(ベータ)崩壊で生成する短寿命のウランX2234mPa)を発見。またソディとは独立に放射性元素の変位法則を定式化した。このほか、結合エネルギーの研究、結晶におけるイオンのひずみ(分極)の考え、吸着指示薬を用いた沈殿滴定法(ファヤンス法)の研究などがある。[内田正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファヤンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファヤンスの関連情報

他サービスで検索

「ファヤンス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation