@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファン・ダイク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファン・ダイク
Van Dyck, Anthony
[生]1599.3.22. アントウェルペン
[没]1641.12.9. ロンドン
フランドルの画家。富裕な商家の第7子として生れた。 H.ファン・ババーレンの弟子で,1616~21年には P.ルーベンスの弟子および共同制作者であった。 20~21年アランデル伯の招きでロンドンを訪問,21年からイタリア各都市を歴訪して修業ティツィアーノの作品に影響された。 27~32年アントウェルペンで活躍,当時不在であったルーベンスに代って,祭壇画や肖像画を多くの弟子を使って制作した。 32年イギリスに渡りチャールズ1世の宮廷首席画家となってナイトに叙せられ,以後8年間ロンドンに滞在し,200枚以上の肖像画を制作した。彼の真価である肖像画の技法は継承され,特に 18世紀のゲインズバラに大きな影響を与えた。代表作『チャールズ1世の肖像』 (ルーブル美術館ほか) ,『枢機卿ベンティボリオ』 (1623頃,フィレンツェ,ピッティ美術館) ,『キリスト哀悼』 (アントウェルペン王立美術館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファン・ダイク
ふぁんだいく
Anton van Dyck
(1599―1641)

ルーベンスに次ぐ17世紀フランドル(ベルギー)の大画家。アントウェルペンの富裕な商人の子に生まれる。早くから画才を現し、17歳のときルーベンスの弟子というよりむしろ助手として入門し、非常な愛顧を受けた。1620年、イギリス王ジェームズ1世に招かれてロンドンヘ渡ったが、まもなくイタリアへ旅立ち、22年いったん帰国のうえ、翌年ふたたびイタリアに赴く。ここでルネサンス期の画家たち、とくにベネチア派のティツィアーノの影響を強く受け、27年帰国後は彼独自の優雅な作風を展開した。32年ふたたびロンドンに渡り、チャールズ1世の首席画家となって、当時のイギリス宮廷貴族の肖像画を多く描いた。しかも、結婚にも名声にも恵まれ、その後のイギリス絵画に決定的ともいうべき影響を与え、41年12月9日、ロンドン近郊のブラックフリーアで没した。

 彼にはルーベンスほどのスケールの大きさはないが、外部からの強い刺激に対してはきわめて敏感であり、その繊麗と優美はまったく独自のものがある。宗教画、神話画も多く描いているが、とくに肖像画に優れたものが多く、代表作に『家族の肖像』(サンクト・ペテルブルグ、エルミタージュ美術館)、『自画像』(ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク)、『狩場のチャールズ1世』『ビーナスとバルカン』(ともにルーブル美術館)などがある。

[嘉門安雄]

『佐々木基一編『ファブリ世界名画集14 ヴァン・ダイク』(1970・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファン・ダイク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファン・ダイクの関連情報

関連キーワード

マーストンナンダ・バインマーストンガリレイ(年譜)釜石市から東海市への集団移転難民審査参与員制度荒木又右衛門ギャドペカドルグラナダクロムウェル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation