@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファーティマ朝【ファーティマちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ファーティマ朝
ファーティマちょう
Fāṭimid
北アフリカとエジプトを支配したイスラム王朝 (909~1171) 。歴代カリフが預言者ムハンマドの娘ファーティマ子孫と称したことからこの名がある。 909年ウバイドゥッラー・アルマフディー (在位 909~934) が,シーア派の一分派イスマーイール派伝道の成果を基盤として,北アフリカに王朝の支配権を樹立し,アッバース朝に対抗。 969年にはエジプトを征服,カイロを建設して首都とし,その後さらに領域をシリアイエメンヒジャーズにまで広げて,一時は政治的,経済的,文化的にもアッバース朝をしのいだ。しかし,11世紀なかばより,内部における軍部台頭と,アッバース朝をもりたてるセルジューク朝の強盛および十字軍の進出などによって衰退し,1171年アイユーブ朝サラディンに取って代られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ファーティマ‐ちょう〔‐テウ〕【ファーティマ朝】
Fāṭima》イスラム教過激シーア派のイスマーイール派が、909年北アフリカに建てた王朝。969年にエジプトに侵入し、カイロを建設して遷都。シリアをも支配してアッバース朝に対抗したが、12世紀に入って急速に衰退。1171年、サラディンに滅ぼされた。カイロのアズハル寺院はこの王朝の創立

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ファーティマちょう【ファーティマ朝 Fāṭima】
エジプトとマグリブを中心としたイスマーイール派の王朝。909‐1171年。北アフリカのベルベルの支持を秘密運動によって結集することに成功したイスマーイール派は,アリーおよびファーティマの血を引くと称するウバイド・アッラーフ‘Ubayd Allāh al‐Mahdī(?‐934)をシリアからイフリーキーヤに招いてマフディー(救世主)とし,909年,アグラブ朝を倒してカリフに戴した。これがファーティマ朝の始まりである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ファーティマちょう【ファーティマ朝】
エジプトのシーア派イスラム王朝(909~1171)。チュニジアに興り、969年エジプトを征服して、新都カイロを建設。アッバース朝に対抗してカリフを称し、東地中海貿易を独占したが、セルジューク朝や十字軍の攻撃をうけ、アイユーブ朝により滅亡。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファーティマ朝
ふぁーてぃまちょう
Fima
北アフリカより興った、イスラム教シーア派の一派イスマーイール派の王朝(909~1171)。アリーと預言者ムハンマド(マホメット)の娘ファーティマの子孫を称するウバイド・アッラーは、北アフリカにおけるイスマーイール派の布教の成功と、ベルベル系のケターマ人の支援を背景として、909年にチュニジアのアグラブ朝などを倒してファーティマ朝を建て、スンニー派のアッバース朝カリフに対抗して、自らもカリフと称した。ファーティマ朝はチュニジアを根拠地として北アフリカから地中海に進出し、シチリアも征服した。第4代ムイッズ(在位952~975)のときにイスラムの中心地を目ざして東進し、969年にエジプトを占領、新都カイロを建設し、本拠をエジプトに移した。引き続きパレスチナ、シリア、ヒジャーズ地方をも併合し、11世紀なかばにはバグダードにまで迫ってアッバース朝を脅かした。第8代ムスタンシル(在位1036~94)の時代が最盛期であると同時に衰退の始まりで、12世紀になると、外部勢力による領土の縮小、権力闘争による内政の乱れがおこり、結局1171年にサラディンによって滅ぼされた。ファーティマ朝はイスマーイール派の王朝として熱心に布教活動に努め、学芸、文化を振興する一方、キリスト教徒やユダヤ教徒にも寛大な政策をとった。10世紀末から11世紀のエジプトは、ファーティマ朝の支配下にあって、東西貿易の繁栄、農業の発展、西アフリカとの金貿易などにより経済的に大いに栄えた。[湯川 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ファーティマ朝
ファーティマちょう
Fātima
909〜1171
北アフリカからエジプトを支配したシーア派イスラーム王朝
イスマーイール派のウバイド=アッラーフはムハンマドの娘ファーティマの子孫と称してチュニジアで建国した。このときアッバース朝に対抗してカリフを称した。969年エジプトを征服してカイロを建設し,のちに都とした。地中海貿易を独占し,領土はモロッコ・シチリアからシリアにおよんだ。11世紀以後,ベルベル人などの傭兵隊の専横や十字軍の圧力も加わって衰退し,アイユーブ朝のサラディンに実権を奪われて滅亡した。文化や学問が発達し,アズハル学院の建てられたカイロはバグダードに代わるイスラーム文化の中心地となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファーティマ朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファーティマ朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation