@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ファールン

デジタル大辞泉

ファールン(Falun)
スウェーデン中部、ダーラナ地方にある町。9世紀頃から採掘が始まり、17世紀には世界最大の産出量を誇った。銅山は1992年に閉鎖されたが、17世紀後半から19世紀にかけて建設された工場や住宅、採掘坑などが保存されており、2001年「ファールンの大銅山地域」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ファールン【Falun】
スウェーデン南部,コッパルベリ県の県都。人口5万0592(1981)。同国最古の鉱山の一つであるファールン鉱山を有し,18世紀から20世紀初頭まで金,も採掘されたが,現在の主産物黄鉄鉱で,その他鉛,スズを産出する。中世に鉱山との交易地として栄え,北部ダーラナ地方の中心地となった。1609年に町の特権を得,24年,都市に昇格,その後,数回の大火水害に見舞われたが,鉱山都市として発展し,現在に至る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ファールン
ふぁーるん
Falun

スウェーデン中部、ダーラナ地方の鉱業都市。人口5万4601(2001)。地下資源が豊富なベルイスラーゲンBergslagenとよばれる丘陵地帯に位置する。1280年創立の鉱山会社に代表される鉱業は、当時は銅の産出量で世界一を誇ったが、現在では硫黄(いおう)、亜鉛が主で、副産物として硫酸、赤色塗料を産出する。製紙、製材、自動車部品などの工業もある。15世紀建立の大銅山教会、17世紀のクリスチーネ教会、鉱山博物館がある。またウィンタースポーツの中心地で、ゲレンデやジャンプ台の設備がある。

[中島香子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファールン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ファールンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation