@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フアンフェルナンデス諸島【フアンフェルナンデスしょとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フアンフェルナンデス諸島
フアンフェルナンデスしょとう
Islas Juan Fernández
チリ西岸沖の太平洋にある同国領の島群。バルパライソの西約 650kmに位置するロビンソンクルーソー島 (旧称マスアティエラ島〈1966まで〉,面積 93km2) ,その西約 180kmにあるアレハンドロセルキルク島 (旧称マスアフエラ島〈66まで〉,85km2) ,ロビンソンクルーソー島の南西にある小さなサンタクララ島の3島と多数の岩礁から成る。火山島で,地形はけわしく,最高点はロビンソンクルーソー島で約 900m,アレハンドロセルキルク島では 1600m以上に達する。雨が多く,気候は温暖。アレハンドロセルキルク島は密林におおわれるが,ロビンソンクルーソー島の原生林は大部分伐採されている。野生のヤギが多いほか,ブタ,ウシ,ウマなども導入されている。 1563年頃スペイン人航海者フアン・フェルナンデスの一行が来訪,数年間島に住んだが,その後は訪れる人もほとんどなかった。 1704年スコットランド人水夫アレグザンダー・セルカークがみずからロビンソンクルーソー島に上陸,09年イギリス船に救出されるまで島で孤独な生活をおくった。イギリス帰還後発表された島での体験談に着想を得て,D.デフォーが『ロビンソン・クルーソー』を書いたといわれる。 19世紀初めチリ領となり,政治犯などの流刑地として利用された。現在ロビンソンクルーソー島以外は無人島。同島に住むわずかな住民はサンフアンバウティスタ村に集中。周辺の海域は豊かな漁場で,ロブスター漁が島民の主産業となっており,サンチアゴやブエノスアイレスへ出荷される。バルパライソからの船便,サンチアゴからの航空便があり,最近は観光客も訪れるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フアンフェルナンデス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【フアンフェルナンデス諸島】
Archipiélago Juan Fernández》南太平洋の東部にある諸島。チリ領。本土の沖合約650キロメートルから830キロメートルに位置する。デフォーの小説「ロビンソン=クルーソー」の舞台となったロビンソンクルーソー島、アレハンドロセルカーク島、サンタクララ島の3島からなる。16世紀後半、スペインの航海家ファン=フェルナンデスにより発見。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フアンフェルナンデス諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フアンフェルナンデス諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation