@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィコシアニン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フィコシアニン
phycocyanin
藻藍素,フィコシアンともいう。紅藻および藍藻一般に存在するフィコビリン系の色素蛋白質一種色素の一部は青色で,フィコシアノビリンといわれる。水溶液赤色ケイ光を出す。葉緑体中にクロロフィル蛋白質やカロテノイドとともに存在する。藍藻などから水溶液として得られる。光合成の際には重要な補助色素として役立っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フィコシアニン(phycocyanin)
藍藻類・紅藻類に含まれる青色の色素たんぱく質。光合成に必要な光を吸収し、クロロフィル(葉緑素)に伝える。藍藻素

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

フィコシアニン
 紅藻類藍藻類にある青色の色素タンパク質.フィコピリン系の水溶性色素が本体

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フィコシアニン【phycocyanin】
藻類に含まれる青色の色素タンパク質。金属を含まず,色素部分は胆汁色素と同じく開環テトラピロール構造をもつ化合物でフィコシアノビリンphycocyanobilinと呼ばれ,ペプチド結合でタンパク質に結合している。藻類の光合成系において光のエネルギーを吸収し,クロロフィルaに伝達する働きをしている。分子量は約4万5000であるが,フィコビリゾームphycobilisomeと呼ばれる高度の会合体を形成し,それがチラコイド(扁平な袋状の構造)膜表面に規則的に配列している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フィコシアニン
ふぃこしあにん
phycocyanin

藍藻(らんそう)類、紅藻類などに含まれる青色の色素タンパク質。藍藻素ともいう。色素部分のフィコシアノビリンは、ポルフィリン環の開いたテトラピロール構造をもっている。細胞内では、ラメラ構造の上に存在するフィコビリゾームとよばれる顆粒(かりゅう)中にあって、光合成の補助色素として光のエネルギーを捕捉(ほそく)し、クロロフィルに受け渡す役割を果たしている。

[吉田精一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィコシアニン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィコシアニンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation