@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィッシャー【ふぃっしゃー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

フィッシャー(Irving Fisher)
ふぃっしゃー
Irving Fisher
(1867―1947)
アメリカの経済学者、統計学者。ニューヨーク州出身。エール大学に学び、数学、物理学を専攻し、ヨーロッパに留学後、1893年に母校の数学の助教授となったが、1895年に経済学の助教授にかわり、1898年以降教授(~1935)。計量経済学の創始者の一人でもあり、1932年に計量経済学会の初代会長を務めた。
 経済分析に数学的手法を導入することにより、近代経済理論の開拓者の地位を占めるが、とくに貨幣理論に優れた業績を残し、物価問題の分析および対策について実践的貢献をし、大恐慌時の1930年代には大統領のブレーンに加わり、ニューディール政策の立案にも関与した。彼の業績のうち、『貨幣の購買力』The Purchasing Power of Money(1911)のなかで展開された貨幣数量説は、フィッシャーの交換方程式としてとくに有名である。また、『物価指数の作成』The Making of Index Numbers(1922)においてなされた物価指数に関する研究では、今日でも「フィッシャーの理想算式」として知られている指数公式が示されている。[高島 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィッシャー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィッシャーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation