@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィブリノーゲン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フィブリノーゲン
fibrinogen
線維素原。血漿蛋白でグロブリンに属し,血液凝固の役割を果している。分子量約 40万。血液凝固のとき,トロンビン作用によりケラチン型の硬蛋白質であるフィブリンと非蛋白質フィブリノペプチド加水分解され,フィブリンゲルのができる。脊椎動物の血漿やリンパ中に存在する。肝臓で生成されるため,実質性肝障害があると血中濃度が低下する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

フィブリノーゲン
 血液に含まれるタンパク質で,血液凝固において中心的な役割を果たす.血液凝固の際は部分加水分解されてフィブリンとなり,網目状の組織を作って破れた血管の役割をする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フィブリノーゲン【fibrinogen】
血液凝固の際の主要な因子。血漿(けつしよう)中に0.2~0.4%含まれている糖タンパク質で,繊維素原とも呼ばれる。分子量は約34万で,α,β,γと呼ばれる3種のポリペプチド鎖おのおの2本ずつから成っている。これらの6本の鎖は29ヵ所のS‐S結合によって,互いに結ばれている。各鎖ともにアミノ酸配列はすべて決定されている。長さ約46nmの棒状分子で,タンパク質分解酵素トロンビンの作用によりα鎖とβ鎖の一部分が切断遊離され,フィブリンモノマーになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

フィブリノーゲン
〘名〙 (fibrinogen Fibrinogen) 血液凝固に重要な役を果たす蛋白質。グロブリンの一種。→フィブリン。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フィブリノーゲン
フィブリノーゲン
fibrinogen

血液凝固反応において中心的役割を果たす糖タンパク質で,血液凝固の第1因子である.脊椎動物の血漿中に0.2~0.6% 含まれ,塩あるいはアルコールにより容易に沈殿する.ヒトのフィブリノーゲンは分子量3.4×105,6本のポリペプチド(α,β,γ鎖各2本ずつ)で構成される.糖成分としてヘキソースグルコサミン,およびシアル酸を含む.血管の破たんにより生成される酵素トロンビンがフィブリノーゲンに作用し,4本のフィブリノペプチドとフィブリンモノマーを生成し,フィブリンモノマーはさらに重合してフィブリン塊を形成して止血する.[CAS 9001-32-5][別用語参照]フィブリン

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フィブリノーゲン(fibrinogen)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フィブリノーゲン
ふぃぶりのーげん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィブリノーゲン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィブリノーゲンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation