@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィリップ(剛勇公)【フィリップ[ごうゆうこう]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フィリップ(剛勇公)
フィリップ[ごうゆうこう]
Philippe II, le Hardi
[生]1342.1.17. ポントアーズ
[没]1404.4.27. ハル
フランス,ブルゴーニュ公 (在位 1364~1404) 。フランス王ジャン2世の第4子。ポアティエの戦い (1356) に出陣して「剛勇公」の通称を得た。 1364年ブルゴーニュ公に封じられ,さらに妻マルグリット・ド・フランドルの相続したフランドル,アルトアなどを合せて広大な所領を支配し,ヨーロッパ有数の実力者となった (84) 。のフランス王シャルル6世を後見してオルレアン公ルイと対立し,ブルゴーニュ派アルマニャック派抗争のを開いた。彼はまた文芸を愛し書籍を収集した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィリップ(剛勇公)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィリップ(剛勇公)の関連情報

関連キーワード

アビニョン教皇庁大館氏明土岐頼遠日像康永興国クレメンス6世高幡不動智頭町古文書永福門院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation