@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィリップ[2世]【フィリップ】

世界大百科事典 第2版

フィリップ[2世]【Philippe II】
1165‐1223
カペー朝第7代のフランス王。在位1180‐1223年。ルイ7世の子。〈オーギュストAuguste〉という異名はローマ皇帝アウグストゥスに由来する。彼はカロリング家血筋を引くイザベル・ド・エノーと結婚し,カロリング朝(シャルルマーニュ)との連続性を意識的に強調するとともに,生前から王太子ルイ・ド・フランス(のちのルイ8世)を王位に就け,カペー朝の世襲制を名実ともに確立した。イギリス王リチャード1世とともに第3回十字軍に参加したが(1190),シチリアシリアでリチャードと不和になり帰国。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フィリップ[2世]【Philippe II】
1396‐1467
フランス,バロア家系ブルゴーニュ公家第3代当主。在位1419‐67年。1419年,非業の死を遂げた父ジャンの後を継ぐ。母はバイエルン公家の一分枝シュトラウビンク・バイエルン家の出で,この家系はネーデルラントホラント,エノーほか諸伯を兼ねている。フィリップの弟はブラバント公であり,シュトラウビンク家の相続権者ヤコバを妻とする。この関係で,フィリップは即位早々,ホラントほか諸公伯領の相続争いに介入し,1430年までに,ホラント,エノー,ブラバント等を支配地に入れた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

フィリップ[2世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィリップ[2世]の関連情報

関連キーワード

源平の合戦以仁王鎌倉幕府大庭景親工藤茂光佐奈田義忠堤信遠波多野義常三浦義明源重定

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation