@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィリップス曲線【ふぃりっぷすきょくせん】

デジタル大辞泉

フィリップス‐きょくせん【フィリップス曲線】
賃金変化率と失業率との対応関係を示した曲線。失業率が低下すると賃金は急速に上昇し、逆に失業率が上昇すると賃金は比較的緩やかに低下する。1958年に英国の経済学者フィリップス(A.W.Phillips)が発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

フィリップス曲線
賃金の下落(上昇)率と失業率の間にはトレードオフ(逆相関)の関係があること示した曲線。1861年から1957年のイギリスの長期データを用いて1958年にフィリップスが発見した。失業は労働市場の超過供給であるので、価格理論と同じく、失業率の上昇はやがて賃金を下落させることになる。名目賃金率とインフレ率との間には比例的な関係があるため、失業率とインフレ率との間にも同じようにトレードオフの関係があり、物価版フィリップス曲線と呼ばれる。

出典:(株)マネーパートナーズ

世界大百科事典 第2版

フィリップスきょくせん【フィリップス曲線 Phillips curve】
物価上昇率と失業率の負の相関関係を示す曲線のこと。名称は発見者のフィリップスAlban William Phillips(1914‐75)にちなむ。1958年,フィリップスはイギリスの1861年から1957年にかけての長期データに基づき,イギリスにおいては貨幣賃金の上昇率が高いほど失業率は低く,逆のときは失業率が高いという関係が一つの曲線(図参照)で示され,その位置,形状がこの時期に関するかぎりほぼ安定して変わらないことを明らかにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フィリップスきょくせん【フィリップス曲線】
失業率が低ければ賃金上昇率が高く、失業率が高ければ賃金上昇率が低いという関係を表した曲線。完全雇用と物価安定の二律背反関係を示す。イギリスの経済学者フィリップス(Alban William Phillips1914~1975)による。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フィリップス曲線
フィリップスきょくせん
Phillips curve
失業率と貨幣賃金の上昇率との間に存在すると考えられる負の関係を示す曲線。イギリスの統計資料 (1861~1957) に基づき A.フィリップスによって実証的に導き出されたためこの名がある。彼は年々の貨幣賃金変化率と失業率の関係をグラフで表わし,右下がりの曲線を導出した。そして失業率が約 5.5%のときに貨幣賃金変化率が一定となり,失業率がこれより減少すれば貨幣賃金変化率が上昇し,失業率が増加すれば下落するというトレード・オフの関係があることを示した。その後 P.A.サミュエルソンと R.M.ソローがアメリカ経済について同様の分析を行い,物価安定と完全雇用の間にフィリップス曲線と同様の関係があると主張して注目された。また M.フリードマンは貨幣賃金変化率ではなく,実質賃金変化率によるべきであると主張し,予想物価上昇率を加えたフィリップス曲線を提唱している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フィリップス曲線
ふぃりっぷすきょくせん
Phillips curve
イギリスの経済学者フィリップスAlban William Phillips(1914―75)は、イギリスにおける1861~1957年のデータを用いて賃金上昇率と失業率との関係を調べ、その結果、のSSのような曲線を得た。これがフィリップス曲線とよばれるもので、失業率が低下すると賃金は急速に上昇し、逆に失業率が増大すると賃金は徐々に低下することを示している。ところがいま、労働分配率が一定であるとすれば、賃金上昇率マイナス労働生産性上昇率が近似的に物価上昇率となる。もし労働生産性上昇率が安定的であるとすれば、賃金上昇率が大となれば物価上昇率も大となる。したがって、フィリップス曲線は失業率を低くすればするほど物価上昇率は高くなることを意味する。すなわち、完全雇用を達成しようとすればインフレが生じ、物価を安定させようとすれば失業が増大することを示している。完全雇用と物価安定の間にはトレード・オフが存在し、現実にはこの曲線上のどこに経済を置くかという問題にならざるをえない。
 その後各国でフィリップス曲線について数多くの計測がなされたが、その結果によると、フィリップス曲線は非常に不安定であって、データをとる期間によってその形状や位置が変化してしまうことが知られている。とくにM・フリードマンは、人々の期待が固定している短期にのみフィリップス曲線は右下がりの曲線となると主張している。彼によれば、長期的には人々の期待が変化して調整が行われ、フィリップス曲線はのLLのような自然失業率の点からの垂直線になるという。ここで自然失業率とは、労働市場の構造や賃金構造によって決定されるその経済特有の失業率である。したがってフリードマンによれば、長期的には、完全雇用と物価安定との間にはトレード・オフが存在しないこととなる(自然失業率仮説)。[畑中康一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フィリップス‐きょくせん【フィリップス曲線】
〘名〙 (Phillips curve の訳語) 賃金上昇率と失業率との関係を示した曲線。失業率が低下すると賃金は急上昇し、逆に失業率が増大すると賃金は徐々に低下することを示したもの。イギリスの経済学者フィリップスが発表した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィリップス曲線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィリップス曲線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation