@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィルター【ふぃるたー】

デジタル大辞泉

フィルター(filter)
液体や気体の中の不要物を通過させない装置。濾過(ろか)器。濾過装置。「フィルター付きタバコ」
色ガラスなどを用いて、ある波長の光だけを透過させる装置。写真撮影に用いる。濾光(ろこう)器。濾光板。「偏光フィルター
電気通信機器で、ある周波数のものだけを通過させる装置。濾波(ろは)器。
コンピューターで、ある特定の条件に合致したデータだけを出力するプログラムやサービス。→フィルタリングソフトフィルタリングサービス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

フィルター
 撮影レンズの前面後部に装着し、特殊な効果を得たり、光量を補正するためのもの。ガラスやプラスチック製で金属製のまるいに入っていてレンズ先端にねじ込む形式が一般的。このほかに、 シートフィルター であるゼラチンフィルターTAC(トリアセチルセルロース)フィルターなど、専用のホルダーに入れて使うタイプもある。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フィルター【filter】
元来は,濾紙(ろし)などの流体中に含まれる固形物を取り除くための多孔性の装置(濾過器)のことであるが,各種の振動現象を対象にして,波長を異にする多くの部分振動成分の中から,特定の波長領域内の成分だけを取り出す装置もフィルターと呼ばれる。光については,サングラスなどの色ガラスや,干渉を利用して狭い波長領域だけを通過させる光学フィルターがあり,電気工学分野では濾波器と呼ばれている。濾過(ろか)
[光学フィルターoptical filter]
 光を一様に吸収してその強さを弱めたり,特定の波長領域の光のみを選択的に吸収して分光分布を変えたり,あるいは特定の波長のみを取り出す目的で用いられるものを光学フィルターという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

フィルター
〘名〙 (filter)
① 液体や気体中の特定のものだけを通したり分離させたりするもの。
※二人の友(1960)〈庄野潤三〉四「岩と粘土の間にフィルターというのが入る」
② ある特定の波長の光だけを透過または遮断(しゃだん)するための、色のついたガラス板。写真撮影・光学実験などに用いる。濾光板。濾光器。ライト‐フィルター。〔アルス新語辞典(1930)〕
③ ある特定の周波数の電流だけを通過させる装置。
④ 録音機の雑音を除く装置。
⑤ ニコチンを濾過するための、紙巻きタバコの吸い口。〔癌(1955)〕
※傷ついた葦(1970)〈曾野綾子〉一「彼は火が、フィルターの近くに迫るまで吸い」
⑥ 物事を選び分ける際に、その判断のもととなる心情や観点。
※結婚の生態(1938)〈石川達三〉一「孤独な者のもつ純粋な視界のうへに結婚者に避けがたいフィルターをかけてしまふにちがひない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

フィルター
フィルター
filter

光のある波長帯だけを透過またはしゃ断したり,あるいはある波長以上または以下の波長だけを通したい場合に用いる.フィルターは選択吸収,選択透過,選択反射,光の干渉,散乱などの現象を利用する.ガラスフィルター,ゼラチンフィルター,プラスチックフィルターなどは一般の吸光光度計に用いられる吸収フィルターである.ニュートラルフィルター(NDフィルター)は選択透過に属し,一般に,必要波長域全体を一様に減光する目的で使用される.反射フィルターとしては残留線フィルターがある.とくに赤外領域において不必要な高次回折を除くときは,塩化カリウム,あるいは臭化カリウムのフィルターを用いる.狭い波長領域の分離には,干渉フィルター,および散乱フィルターがよい.前者は光を部分的に反射するものであり,後者クリスチャンゼン-ワイゲルトのフィルターとよばれ,本質的には透明な粉末を懸濁した透明液体,あるいは空気である.たとえば,シクロヘキサンデカヒドロナフタレンとの混合物中に石英粉末を懸濁させたものは,250~280 nm で幅約10 nm の波長帯を与える.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィルター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィルターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation