@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィード【ふぃーど】

知恵蔵

フィード
ウェブサイトの内容が更新された際に、更新内容を通知する目的で用意されるサイズの小さなデータ。更新した記事のタイトルや要約、オリジナルのページのアドレス(URL)といった情報が含まれる。RSSATOMの2種類の規格がある。フィードは、企業のウェブサイト、ニュースサイト、個人のブログなどが提供している。ウェブサイトを更新すると自動的にフィードを生成する仕組みが整備されていることも導入を容易にしている。利用者は「フィードリーダー」と呼ばれる専用ソフトやウェブのサービス、フィードリーダー機能を内蔵したウェブブラウザやメールソフトなどで登録したフィードを受信し、実際のページを表示することなく更新内容を知ることができる。大半のフィードリーダーがRSSとATOMの両方に対応している。マイクロソフト社のウェブブラウザの最新版、Internet Explorer 7にもフィードリーダー機能が内蔵されており、同ソフトの普及に伴ってフィードの利用も拡大するものと予想されている。
(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

フィード
WWWの技術を応用して、ウェブサイトやブログの更新情報などを通知する小さなデータのことです。ニュースサイトやブログ、企業のウェブサイトなど、頻繁に更新されるウェブサイトが、更新内容の情報をフィードとして用意しておき、利用者はそのデータを受信して確認します。フィードの受信と表示、管理などには、ウェブブラウザのほかに、「RSSリーダー」や「フィードリーダー」などと呼ばれる機能をもつソフトなどを利用します。フィードには、どのページがいつ更新されたかという情報や、そのページの要約などがXML形式で記述されており、実際のページを受信するより少ない通信量で更新チェックができます。データの規格には「RSS」と「ATOM」の2種類がありますが、実用上、両者に大きな差はありません。
⇨ATOM、RSS、WWW
XML、ブラウザ、ブログ

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

フィード(feed)
供給すること。与えること。
サッカーで、前線の味方にパスを出すこと。
ウェブサイトの見出しや要約を配信すること。また、それらの情報を記述したデータ。サイトの更新情報の公開に使われ、RSSを利用したRSSフィードを指すことが多い。ウェブフィード。ニュースフィード。→フィードリーダー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

フィード
株式会社パイロットコーポレーションの筆記具のブランド名。多色タイプのボールペンシャープペンシルとボールペンの多機能ペンのほか、修正テープを搭載したものがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フィード
feed
選鉱または選炭操業において,処理系統または機械装置に供給される鉱石または石炭のこと。鉱石については給鉱,石炭については給炭ということもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィードの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation