@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フィーバーフュー【ふぃーばーふゅー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

フィーバーフュー
ふぃーばーふゅー
feverfew
[学]Chrysanthemum parthenium
キク科の多年草で、和名はナツシロギク。葉に強い芳香があり、ハーブとして用いられる。原産地はバルカン半島から西アジア。高さ50センチメートル内外で、上部でよく分枝し、枝先に直径2センチメートル内外の頭花をつける。頭花の中心部には黄色の管状花が集まり、周辺には白色の舌状花が1列に並ぶのがふつうだが、多列となったり舌状花を欠く園芸品種もある。葉はキクに似て羽状に深裂し、裂片は羽状に浅裂する。葉が黄緑色の園芸品種をキンヨウギク(ゴールデンフィーバーフュー)という。[森田洋子・福田泰二]

利用

頭痛を和らげるハーブとして、数世紀にわたって利用されてきたが、近代に至って、主成分であるセスキテルペン・ラクトンがプロスタグランジンとヒスタミンを抑制する効果のあることがわかった。脳の血管の痙攣(けいれん)が抑制され、片頭痛などの痛みを和らげる。1日3~5枚の葉をパンにはさんで食べると効果があるが、副作用で口に潰瘍(かいよう)ができることもあるので、体質にあわせて利用することがたいせつである。また、葉の苦い浸出液は下剤として使われていたらしい。さらに、しみ、そばかすを薄くする効果があるため、17世紀ごろにはローションの材料として用いられていたとの記録もある。日本の菊の香りには鎮静効果があり、同じ香りのするこの植物にも鎮静効果が期待できる。生け花にして部屋を薫らせたり、乾燥して枕のなかに入れることで、安眠効果をもたらす。花はポプリに、葉は防虫用の匂(にお)い袋(サシェ)に適している。
 日当りのよい乾いた場所を好み、小さなまとまった株になるので、株分け、さし芽で殖やす。こぼれ種から芽を出すくらいに強いハーブである。[森田洋子・福田泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィーバーフュー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フィーバーフューの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation