@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェイディアス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェイディアス
Pheidias
ギリシアの大彫刻家。前 475~430年頃に活躍したアテネ人で,アゲラダスの弟子。前 447年に始ったパルテノン制作の監督となった。パウサニアスによれば,代表作に同神殿の黄金象牙像『アテナ・パルテノス』 (前 438完成) およびオリンピアの黄金象牙像『ゼウス坐像』があったが,前者模刻が現存するのみである。そのほかにもアクロポリスにあったといわれる『アテナ・プロマコス』『アテナ・レムニア』『アポロン・パルノピオス』などの模刻がある。彼が指導したと考えられるパルテノンのフリーズや破風には弟子アルカメネスアゴラクリトスクレシラスらの作風が混合しているものと思われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フェイディアス(Pheidias)
古代ギリシャの彫刻家。前5世紀に活躍。パルテノン造営の総監督で、本尊「アテナ‐パルテノス」を制作。ほかにオリンピアの「ゼウス像」など。フィディアス。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フェイディアス【Pheidias】
前5世紀のギリシアの彫刻家。生没年不詳。フィディアスPhidiasとも呼ばれる。アテナイ出身でカルミデスの子。アテナイのアクロポリスに立つパルテノンの本尊アテナ・パルテノスおよびオリュンピアのゼウス神殿の本尊ゼウス像の作者として,すでに古代において絶大な名声を博していた。両像とも高さ12mを超える黄金象牙像で,原作は失われているが,後代の大理石模刻像,あるいは貨幣,彫石gem,絵画に写された小像などから,その本来の姿をある程度復元することができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フェイディアス
ふぇいでぃあす
Pheidias

生没年未詳。古代ギリシアの彫刻家。紀元前500年から前490年ごろアテネに生まれたと思われる。活躍期は前460年から前430年ごろ。「円盤投げ」の作者ミロンと同様に、アルゴスの彫刻家ハゲライダス(アゲラダスともいう)に学び、のち青銅の「アテナ・プロマコス」「アテナ・レムニア」、黄金と象牙(ぞうげ)の「アテナ・パルテノス」、オリンピアの「ゼウス座像」など多くのモニュメンタルな神像を制作して、「神々の像の作者」とよばれた。彼の作風は単純、明晰(めいせき)、しかも高邁(こうまい)な精神性を示し、古典前期の「崇高様式」を確立した。しかし、これらの作品はほとんど残らず、わずかに「アテナ・レムニア」の頭部ならびに「アテナ・パルテノス」の大理石の模刻が残るにすぎない。これに対し、彼の総指揮のもとに造営されたアテネのパルテノンの大彫刻群は、彼の様式を伝える貴重な原作である。当代の優れた彫刻家による共同制作であるとはいえ、彼の構想と直接の指導によって完成されたもので、古典時代の傑作の誉れが高い。なお、1950年、オリンピアのゼウス神殿の西側で彼の工房跡が発見され、同地から「ゼウス座像」の衣片の雌型(めがた)や、彼の銘のある杯が出土した。

[前田正明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フェイディアス
(Pheidias) 古代ギリシアの彫刻家。紀元前五世紀に活躍。ペリクレスによるアテナイのアクロポリス復興の総監督。神像「アテナ‐パルテノス」の制作などで知られる。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

フェイディアス
Pheidias
前490ごろ〜前430ごろ
古代ギリシアの彫刻家。フィディアスともいう
ペリクレスの友人で,パルテノン造営の総監督。政争のためにアテネを去り,その後の消息は不明。作品は高雅で,オリンピアのゼウス神とパルテノンのアテナ女神の像が代表作。パルテノンの破風 (はふ) 彫刻だけが現存する。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェイディアス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェイディアスの関連情報

関連キーワード

蓋鹵王百済(くだら 朝鮮)汶洲王Zēnōnロムルス・アウグストゥルスネポスバシリスクスシンプリキウス清算イラン大統領選

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation