@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェデラリスト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェデラリスト
The Federalist
アメリカ合衆国憲法批准促進のために書かれた政治論集。 85編から成る。 1787年の連邦憲法制定会議で採択された憲法案が成立・発効するためには,3分の2以上の州 (9州) の批准が必要であったが,反対派の勢力も強く予断を許さない情勢であった。そこで推進派の中心人物 A.ハミルトンを中心に J.マジソンと J.ジェイが 87年 10月から 88年5月にかけてニューヨークの新聞にシリーズ物の憲法賛成論 78編を執筆した。これに7編を加えて書物として刊行されたが,その大部分がハミルトンの筆になることは明らかである。内容は連邦共和制の原理と,それに基づく連邦政府機構の長所の説明に大半があてられ,アメリカの政治思想に関する古典として,また連邦憲法成立史に関する貴重な資料として重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

フェデラリスト【The Federalist】
連邦憲法案擁護論を展開したアメリカ政治学上の古典。85編の評論から成り,1787‐88年に新聞に掲載され,そのうちの77編は〈パブリアスPublius〉という匿名で発表された。1787年起草のアメリカ連邦憲法案がいよいよ各州憲法会議の批准を得るにあたって,強い抵抗が予想された。ことにニューヨークにおいては反対論が激しかったので,賛成派のA.ハミルトン(後の初代財務長官)はJ.ジェー(後の初代最高裁判所首席裁判官),ニューヨーク滞在中のバージニアのJ.マディソン(〈憲法の父〉と呼ばれ,後の第4代大統領)とともに,ニューヨークの新聞紙上に匿名で憲法賛成論を展開,各地の新聞にも転載された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

フェデラリスト
ふぇでらりすと
Federalists

アメリカ合衆国憲法草案の賛成者たちの自称。連邦派ともいう。独立革命後の新国家体制を規定した憲法草案に対して、賛成者と、主権をもつ諸邦の連合を主張した反対者との間で論争がおこり、憲法は13邦中9邦の批准で発効することになっていたため、各邦の批准会議で賛成者のフェデラリストと反対者の反連邦派との間で激論が交わされた。賛成者側はハミルトン、ジェイ、マディソン共著『ザ・フェデラリスト』の刊行などによる宣伝に努め、憲法は発効し(1788)、2代にわたってフェデラリスト中心の政権が続いた。フェデラリストは、ワシントン政権の財務長官ハミルトンなどを指導者とし主として商工業的利益を代表し、反連邦派は、同じく国務長官ジェファソンを中心に農業的利益を代表して相争い、この2派がアメリカ最初の政党となった。とくにハミルトンの財政・金融政策は新国家の基礎を確立したものとして有名。フェデラリストは、第2代大統領としてジョン・アダムズを当選させたが、その後リパブリカン(反連邦派の自称)に敗れ、1816年の大統領選挙に候補者を立てたのを最後に消滅した。のちに同党の支持層は全国共和党National Republicanと合流してホイッグ党Whig Partyを結成し、これが現在の共和党Republican Partyの源流となった。

[島川雅史]

『藤本一美著『アメリカ近代政党の形成』(1981・御茶の水書房)』『ハミルトン、ジェイ、マディソン著、斉藤真訳「ザ・フェデラリスト」(『世界の名著 33』所収・1970・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フェデラリスト(federalist)
連邦主義者。→フェデラリズム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

フェデラリスト
連邦派

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェデラリスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェデラリストの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation