@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェデラル・ファンド金利【ふぇでらるふぁんどきんり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

フェデラル・ファンド金利
ふぇでらるふぁんどきんり
Federal Funds Rate

アメリカの民間銀行が中央銀行である連邦準備銀行に預けている準備金(フェデラル・ファンド)の過不足を、銀行間でやりとりする際の金利。英語名からFF金利とよばれることもある。アメリカの民間銀行は、預金残高に応じた一定割合を法定準備金として連邦準備銀行に預けることが法律で定められている。資金不足から法定準備金が足りない銀行は、より多くの法定準備金を預け入れている他銀行から一時的に余剰金を借り入れ、準備金とすることができる。この際の銀行間の貸し借りの金利がフェデラル・ファンド金利である。

 フェデラル・ファンド金利はアメリカの代表的な短期金利であるとともに、短期金融市場を操作する目的で調整する政策金利でもある。アメリカの12の地区連邦準備銀行を統括するFRB(連邦準備制度理事会)はFOMC(連邦公開市場委員会)でフェデラル・ファンド金利の誘導目標を決定し、短期市場の金利をコントロールしている。通常、景気がよく資金需要がある場合には、FRB(実務はニューヨーク地区連邦準備銀行が担当)は国債などを市場に売却して市中の資金を吸収し、フェデラル・ファンド金利を引き上げるように誘導する。この金融引締めにより、景気の過熱感を抑える政策をとる。逆に、景気が悪く資金需要が低迷している場合には、国債などを市場から買い入れて世の中に資金を供給し、フェデラル・ファンド金利を引き下げる金融緩和策で、景気を刺激する。

 フェデラル・ファンド金利は1990年代初頭には8.0%であったが、2007年のサブプライムローン危機以降、順次低下し、2008年12月には0~0.25%とアメリカ史上初のゼロ金利をつけた。しかしアメリカ景気の回復を受け、FRBは2015年12月にゼロ金利政策を解除し、9年半ぶりに利上げに踏み切り、フェデラル・ファンド金利は0.25~0.5%となった。

[矢野 武 2016年7月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェデラル・ファンド金利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェデラル・ファンド金利の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation