@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェドカップ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェドカップ
Fed Cup
テニスの女子国別・地域別対抗戦。 1963年国際ローンテニス連盟 (国際テニス連盟 ) 創立 50周年を記念して創設され,16ヵ国が参加して第1回大会が行なわれた。当初は連盟の名をとって「フェデレーションカップ」と呼んだが,1995年に「フェドカップ」と改称した。 1995年から男子のデビスカップと同様,グループ方式が採用され,最上位8ヵ国のワールドグループIの下に,8ヵ国のワールドグループ II,さらにその下にヨーロッパ・アフリカゾーン,アメリカゾーン,アジア・オセアニアゾーンの三つの地域ゾーンを置き,グループ間,あるいはグループとゾーン間などで入れ替え戦を行なうことになった。参加国からは4人まで出場でき,ワールドグループあるいは各地域ゾーンでのトーナメントで対戦する国と2日間かけてシングルス4試合,ダブルス1試合を行ない,先に3試合を制した国・地域が勝利する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

フェドカップ
女子の国別対抗戦。第1回は1963年に、世界32カ国が一堂に会して覇権を争った。参加国が100を超えるまでの間に方式が二転三転、2005年からは基本的にホーム・アンド・アウエーで開催し、上位16カ国によるワールドグループを8カ国ずつI、IIに分けてその下にゾーン予選を置く新方式に。シーズンごとに、Iの下位4カ国とIIの上位4カ国が入れ替え戦を行い、IIの下位4カ国は各ゾーン予選の勝者と入れ替え戦を行う。07年の参加は82カ国で、ロシアが2年ぶり3度目の優勝。ワールドグループIに昇格した日本は、フランス、ドイツに敗れ降格した。
(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

フェド‐カップ(Fed Cup)
女子テニスの国別対抗戦。国際テニス連盟の創設50周年を記念して1963年「フェデレーションカップ」の名称で始まった。参加国が一堂に会して戦う方式だったが、95年に名称・方式を変更。上位16か国のワールドグループ、地域グループ1~2からなり、入れ替え戦が行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

フェドカップ
テニス、女子の国別・地域別対抗戦。第1回大会は1963年。旧称フェデレーションカップ。フェド杯ともいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フェドカップ
ふぇどかっぷ
Fed Cup

1963年、国際テニス連盟創立50周年を記念して創設された女子テニス国別対抗戦で、当初、フェデレーションカップの名称であった。男子テニスのデビスカップとともに同連盟が主催する二大行事の一つである。

 試合方法はシングルス2、ダブルス1の3ポイント制で、世界各地より32か国が一同に会し、トーナメントによって優勝を決定する。第1回はロンドンで行われ、アメリカがイギリスを破り優勝した。以後1994年まで同じ方法で行われたが、95年から新フォーマットが採用され、名称もフェドカップとして開催された。新フォーマットは世界ランクで上位8か国をワールドグループⅠとし、下位8か国がワールドグループⅡで、どちらもホーム・アンド・アウェイ方式(同一カードを相互に開催する方式)で対戦し、それ以外のすべての国は地域予選で競技を行う(地域予選グループは、南北アメリカ、ヨーロッパ・アフリカ、アジア・オセアニアの3地域で、レベルに応じてそれぞれグループⅠ、グループⅡとに分かれて行う)。試合方式は2日間でシングルス4試合、ダブルス1試合の5試合で争われ、第1日目はシングルス2試合(ナンバー・ツー対ナンバー・ワンの対戦)第2日目はシングルス2試合、ダブルス1試合が行われる。日本の参加は1964年(昭和39)から(途中66~69年不参加)で93年までは2回戦止まりであったが、フェデレーションカップとして最後の94年に準々決勝に進出。ベスト8の成績であったため、新フォーマットではワールドグループに入った。1996年にはドイツと対戦、伊達公子が世界ナンバー・ワンのシュテフィ・グラフに勝って、対戦成績3対2でドイツを破り、準決勝に進出したことは、1921年のデビスカップにおける決勝進出以来の快挙である。

 2007年大会終了までの優勝国は、アメリカ17回、オーストラリア7回、スペイン5回、チェコスロバキア5回、ロシア3回、フランス2回、南アフリカ、スロバキア、ドイツ、西ドイツ、ベルギー、イタリアがそれぞれ1回である。

[清水伸一]

その後の動き

2008年において地域予選のグループ分けは、アメリカゾーンがグループⅠとⅡ(16か国)、ヨーロッパ・アフリカゾーンがグループⅠとⅡとⅢ(33か国)、アジア・オセアニアゾーンがグループⅠ(10か国)となっている。

 日本は2007年に1997年以来のワールドグループⅠ部入りを果たしたが、2008年はⅡ部に降格している。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェドカップ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェドカップの関連情報

関連キーワード

コーマン新藤兼人北九州(市)中平康森一生ロメール飯島耕一川島雄三シモンドン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation