@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェニックス諸島【フェニックスしょとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェニックス諸島
フェニックスしょとう
Phoenix Islands
中部太平洋,キリバス環礁群。カントン島エンダベリー島,ハル島,シドニー島,ガードナー島など 8島からなる。面積約 29km2。1889年にイギリス領となり,1937年にギルバート・エリス諸島植民地に編入。ただしカントン島,エンダベリー島は 1939年にイギリスとアメリカ合衆国の共同統治領となった。1938年以降ギルバート諸島民がハル島,シドニー島,ガードナー島の 3島に移住したが,1955~64年の干魃で無人島となり,カントン島以外は無人島である。フェニックス諸島保護地区は 40万8250km2におよぶ世界最大級のサンゴ礁生態系の一つで,2010年世界遺産の自然遺産に登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フェニックス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【フェニックス諸島】
Phoenix Islands》太平洋中部、キリバス領の諸島ギルバート諸島東方に位置する。有人島カントン島のみで、ほかにエンダーバリー島、バーニー島、ラワキ島など八つの環礁で構成される。周辺海域には200種のサンゴ、500種の魚類、18種の哺乳類、44種の鳥類が生息し、手付かずの生態系が残っている。世界最大の海洋保護区であり、2010年に「フェニックス諸島保護地域」の名称で同国初の世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フェニックス諸島
ふぇにっくすしょとう
Phoenix Islands

太平洋中部、日付変更線のすぐ東、赤道のすぐ南に位置する諸島。地理的にはポリネシアであるが、政治的にはミクロネシアに中心部をもつキリバス(ギルバート諸島)に属する。諸島を構成するのはカントンKanton島(別名アバリリンガ)、エンダーバリーEnderbury島、ラワキRawaki島(旧名フェニックス)、マンラManra島(旧名シドニー)、バーニーBirnie島、オロナOrona島(旧名ハル)、マッケーンMckean島、ニクマロロNikumaroro島(旧名ガードナー)の八つの環礁で、全陸地面積をあわせても約28平方キロメートルにすぎない。なお、このうちカントン、エンダーバリー両島は、行政的にはイギリス・アメリカ共同統治領なので、旧イギリス領ギルバート・エリスには数えられていなかった。カントン島は太平洋横断航空路、海底電線の中継地である。

 考古学的調査によれば、マンラ、オロナ、ニクマロロ3島には先住民がいたと考えられるが、1820年代にヨーロッパの捕鯨船がきたころには全島無人であった。1859年から77年にかけてエンダーバリー、ラワキ、マッケーン3島はアメリカのフェニックス・グアノ会社によって燐(りん)鉱石採掘が操業され、81年以後はイギリス政府によるココヤシ栽培が開始された。同国は、98年にはこの全域の領有を宣言、1937年ギルバート・エリス植民地に編入された。翌38年アメリカはカントン、エンダーバリー両島を占拠、さらに39年イギリス、アメリカ両国は向こう50年間の共同領有に同意した。グアノを採掘し尽くしたあと、一時はカントン島(人口83、1995)以外は無人化したが、1979年キリバス独立後、新たな開発計画が進められている。

[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フェニックス‐しょとう ‥ショタウ【フェニックス諸島】
(フェニックスはPhoenix) 太平洋中央部、サモア諸島の北方に散在する諸島。約一二の小環礁からなる。一九三九年以来、北部のカントン・エンダベリーの二島はアメリカ・イギリスの共同統治領、その他はイギリス領であったが、一九七九年ギルバート諸島などとともにキリバス共和国として独立。ハワイとニュージーランドおよびフィジー諸島などを結ぶ太平洋横断空路の中継地。カントン‐エンダベリー諸島。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェニックス諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェニックス諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation