@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェノロサ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェノロサ
Fenollosa, Ernest Francisco
[生]1853.2.18. アメリカ合衆国,マサチューセッツ,セーレム
[没]1908.9.21. イギリス,ロンドン
アメリカ合衆国の哲学者,東洋美術研究家。ハーバード大学哲学科卒業。 1878年に来日,1886年まで東京帝国大学で哲学,論理学,経済学を講じた。やがて日本美術に興味をもち,日本古美術の保存,研究を説き,伝統的な日本画の復興を力説,1884年鑑画会を興し狩野芳崖橋本雅邦らを育成し,また浮世絵版画の真価を世に高めた。岡倉天心と協力し東京美術学校設立に努め,1889年開校後は審美学,美術史を講義,また帝室博物館理事を務めた。 1890年帰米後はボストン美術館東洋部部長となり,東洋美術,哲学,文学などの研究を続けたが再び来日し,東京高等師範学校講師を務めた。 1900年帰国。以後各地を講演旅行中にロンドンで急死。遺骨は遺志によって滋賀県園城寺町法明院に埋葬。主著『美術真説』 (1882,講演) ,『浮世絵の歴史』 An Outline of the History of the Ukiyoye (1901) ,『中国と日本の美術の諸時期』 Epochs of Chinese and Japanese Artの草稿 (1912,のち有賀長雄訳『東亜美術史綱』として出版) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フェノロサ(Ernest Francisco Fenollosa)
[1853~1908]米国の哲学者・美術研究家。明治11年(1878)来日。東大で哲学などを教えるかたわら、日本美術を研究。岡倉天心とともに東京美術学校創設。日本画の復興に努めた。のち、ボストン美術館東洋部長。「東亜美術史綱」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

フェノロサ Fenollosa, Ernest Francisco
1853-1908 アメリカの東洋美術研究家。
1853年2月18日生まれ。明治11年(1878)モースの推薦で来日。東京大学で哲学などをおしえるかたわら,日本美術を研究。岡倉天心とともに新日本画の創造運動を展開し,東京美術学校の設立に参画した。23年帰国し,ボストン美術館東洋部主管。1908年9月21日ロンドンで客死。55歳。マサチューセッツ州出身。ハーバード大卒。法号は諦信。著作に「美術真説」など。
格言など】日本の博物館の陳列品は道具屋の店頭と同じである(明治21年,奈良での講演)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

フェノロサ【Ernest Francisco Fenollosa】
1853‐1908
アメリカの東洋美術研究家。マサチューセッツ州セーレム市に生まれた。1874年ハーバード大学哲学科を卒業。78年に生物学者E.S.モースの仲介で来日,東京大学で政治学,理財学,哲学などを講じた。日本美術に惹かれてその研究にうち込み,たびたび社寺旧家宝物を調査して歩いたが,これらはその後の文化財保護行政への端緒となった。82年竜池会で講演した洋画排斥と日本画擁護論は,《美術真説》として公刊され,多大の反響をよんだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

フェノロサ【Ernest Francisco Fenollosa】
1853~1908 アメリカの哲学者・美術研究家。1878年(明治11)来日。東大で哲学を講義する傍ら、日本美術に関心を深め、新しい日本画の創造を提唱。弟子の岡倉天心とともに美術学校を創立。帰国後はボストン美術館東洋部長。著「美術真説」「東亜美術史綱」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

フェノロサ
ふぇのろさ
Ernest Francisco Fenollosa
(1853―1908)
アメリカの東洋美術研究家。マサチューセッツ州サレムに生まれる。1874年ハーバード大学哲学科を卒業後、1878年(明治11)来日。東京大学教授として政治学、経済学、哲学を講じた。来日後、日本美術に傾倒して古美術品への見識を深め、独自の日本美術観を展開した発言や執筆活動を通して、混迷の状況にあった当時の美術界に大きな影響を与えた。1884年、日本画復興のために岡倉天心らと鑑画会を設立、狩野(かのう)派の狩野芳崖(ほうがい)、橋本雅邦(はしもとがほう)をみいだし、新日本画の創造に尽力した。また天心の東京美術学校(東京芸術大学の前身)の開設に協力、1889年に開校されるや美術史を講じ、1890年帰国、ボストン美術館東洋部の主管となり、1898年に再来日して東京高等師範学校(現、筑波(つくば)大学)で英語を講じたが、1908年ロンドンで客死した。遺志により滋賀県園城(おんじょう)寺法明院に分骨され、十三回忌にあたり東京美術学校に記念碑が立てられた。主著に『Epochs of Chinese and Japanese Art』(1912)がある。[永井信一]
『久富貢著『アーネスト・フランシスコ・フェノロサ』(1980・中央公論美術出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フェノロサ
(Ernest Francisco Fenollosa アーネスト=フランシスコ━) アメリカの哲学者、東洋美術研究家。ハーバード大学卒業後、明治一一年(一八七八)来日、東大で哲学・経済学を講じ、かたわら日本美術の研究に従事。弟子の岡倉天心と東京美術学校を創設するなど、日本画復興および日本の美術行政確立に尽力。のちにボストン美術館東洋部長。主著「東亜美術史綱」。(一八五三‐一九〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

フェノロサ
Ernest Francisco Fenollosa
1853〜1908
アメリカの思想家・東洋美術史家・日本美術研究家。御雇外国人の一人
1878(明治11)年来日し,東京大学で哲学を講義した。その間日本美術に関心をもち,流行文人画・洋画を排し正統派狩野派土佐派)を推して日本画復興のきっかけをつくった。'87年東京美術学校設立に尽力し,岡倉天心らと日本美術運動の中心となった。'90年帰国後,ボストン美術館東洋部長となり,日本美術を欧米に紹介した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェノロサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェノロサの関連情報

関連キーワード

徳川家慶徳川家慶シューマンオーストンガルストショイベノックスハウスクネヒトブロンホフ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation