@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェリクス3世(2世)【フェリクスさんせい[にせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェリクス3世(2世)
フェリクスさんせい[にせい]
Felix III (II)
[生]?
[没]492.3.1. ローマ
第48代教皇在位 483~492)。聖人。483年3月に教皇シンプリキウス(在位 468~483)の後継者として登位。484年,ヘノチコン(統一勅令)をビザンチン皇帝ゼノ(在位 474~475,476~491)と共同で発布したとして,コンスタンチノープル総大司教アカキウスを破門した。ヘノチコンは 451年のカルケドン公会議で糾弾されたキリスト単性説を擁護したものとみなされた。この破門によってアカキウス派が教会から離れ,分裂が 35年間続いた。また 487年3月,ラテラノ大聖堂で開催された宗教会議で,バンダル族によって迫害を受け背教したアフリカ人がカトリック教会へ回帰するための条件を決定した。祝日は 3月1日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェリクス3世(2世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェリクス3世(2世)の関連情報

関連キーワード

色覚西北五広域連合のマスタープラン川辺川利水事業計画敦煌・莫高窟TMTペルシア戦争TMTペルシア戦争美馬[市]着メロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation