@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェリペ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェリペ
Felipe (Camíno), León
[生]1884. タバラ
[没]1968. メキシコ
スペインの詩人。初期の詩集ホイットマンの影響の濃い『旅人の詩と祈り』 Versos y oraciones del caminante (1920) ,内乱後の亡命中のものに『残酷なる美』 Belleza cruel (58) ,『鹿』 El ciervo (58) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

フェリペ(Felipe)
(2世)[1527~1598]スペイン王。在位1556~1598。ハプスブルク家出身のカール5世(カルロス1世)の子。ポルトガル王としてはフェリペ1世。イタリア・オランダ・アメリカ大陸などに広大な領土を持ち、新教徒弾圧、オスマン帝国撃破ポルトガル併合などを行った。
(5世)[1683~1746]ブルボン朝初代のスペイン王。在位1700~1724、1724~1746。ルイ14世スペイン継承戦争に巻き込まれ、国内外の反乱圧迫に悩んだが、ユトレヒト条約地位を安定。名宰相パティーニョの力で、啓蒙君主の名声を得た。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

フェリペ【Felipe】
(二世)1527~1598 スペイン国王(在位1556~1598)。カール五世の子。カトリックを堅持し、専制政治を強化。1580年からポルトガル王も兼ねフィリピンやアメリカ大陸にも及ぶ大帝国を支配したが、オランダ独立戦争と無敵艦隊の潰滅で国運の衰退を招いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フェリペ
(Felipe) 二世。スペイン王(在位一五五六‐九八)。ポルトガル王としてはフェリペ一世。ハプスブルク家のカルロス一世の子。イタリア・ネーデルラント・新大陸に広大な領土を有し、新教徒弾圧、対英・対仏干渉、オスマントルコの撃破(レパントの海戦)、ポルトガル併合などを行なった。ネーデルラント独立戦争と無敵艦隊がイギリスに敗れたことにより、国力を衰退させた。(一五二七‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェリペ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェリペの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門新藤兼人シーゲル[各個指定]芸能部門スベルドラップ(Johan Sverdrup)秋山清高松次郎トリュフォー深作欣二プロヴォーク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation