@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

フェルナンド2世(カトリック王)【フェルナンドにせい[カトリックおう]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

フェルナンド2世(カトリック王)
フェルナンドにせい[カトリックおう]
Fernando II, el Católico
[生]1452.3.10. ソス
[没]1516.1.23. マドリガレホ
シチリア王 (在位 1468~1516) ,フェルナンド5世としてカスティリア王 (在位 1474~1504) ,アラゴン王 (在位 1479~1516) ,ナポリ王 (在位 06~11) 。スペインの統一をなしとげ,スペイン王国隆盛の基礎を築いたことで知られる。アラゴン王フアン2世の子。 1469年カスティリア王エンリケ4世 (不能王) の異母妹イサベルと結婚。 74年エンリケの没後,王位を継いだイサベル1世とカスティリアを共同統治し,79年父のあとをうけアラゴン王となり,スペインの統一を完成した。 92年グラナダを征服して国土回復運動を終結させた。また教皇により「カトリック夫婦王」 Los Reyes Católicosの称号を与えられた。カスティリアの内治は妻にゆだね,外交面およびアラゴン王として活躍,その外交政策はもっぱらフランスとの伝統的な抗争に集中し,1503年ナポリ征服に成功した。スペインはいまやヨーロッパの最強国としてフランスと肩を並べるにいたった。 04年イサベルが没し,カスティリアを娘フアナ・ラ・ロカとその夫フェリペ1世 (美麗王)の共同統治にゆだね,06年フェリペの没後 F.ヒメネス・デ・シスネロスを摂政に任命。国内政治の面では貴族の廷臣化などによる絶対主義の確立に努めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェルナンド2世(カトリック王)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

フェルナンド2世(カトリック王)の関連情報

関連キーワード

享徳モデナ公国リッピハプスブルク家ガンビア財団債権東栄(町)ユウロピウム樺太島民の悲劇レオナルド・ダ・ヴィンチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation